歯磨き嫌いな子供に使える裏ワザとは?

歯を磨く子供

2歳にもなると好きなことはとことんやり通す。反対に嫌いなことはとことん拒絶する。そんな好き嫌いがはっきりするのは、歯磨きにも言えること。歯磨きを嫌がる子供に悩まされているママは多いと思います。

そこで今回は実際に2歳の我が子に試した、歯磨き嫌いな子供に使えるテクニックを紹介します。歯磨きを嫌がる子供に悩まされているママ必見です!

スポンサーリンク

大嫌いな歯磨き

うちでは正式にきちんと歯を磨きだしたのは1歳を過ぎた頃から。最初は泣き叫ぶ息子でしたが、いつかは慣れるだろうと根気よく習慣化していました。が!しかし!慣れません!

2歳を過ぎても嫌いなまま。今では、私が歯磨きを手にしただけで「やだー」と言って逃げていきます。乳歯とはいえ、虫歯は一回なると永久歯に生え変わってもなりやすいと聞いて、親としては磨かないわけにはいきません。

小さいうちから虫歯で歯医者なんて可哀想だし・・。どんなに泣き叫ばれても磨くしかないんですよね。どうにかして、歯磨きをすんなりとさせてくれるようにはならないものか・・。

ママ先輩の意見を調べてわかったこと

困った私はネット頼み!早速、ママ先輩がどのような方法で、子供の歯磨き嫌いを克服してきたのか調べてみることにしました。やはり、同じ悩みを持つママは多く色んなアドバイスがネットに書いてありました。

まずは精神的なところで。

ポイント1:歯磨きをする時の表情に注意

ポイント2:歯磨きは決まりなの?

ポイント3:小さなことを褒める

引用元:歯磨きを嫌がる子どもが劇的に歯磨きが好きになる3つのポイント

つまりは歯磨きの仕方を根本から見直すのですね。怖い顔で強制的にするのではなく、しないと〇〇ちゃんが痛いから、一緒にやっつけようね〜というスタンスで。

もう一つはグッズで助けてもらう方法もあるようです。( 参照:子どもの歯磨きが楽しくなるテクニック&グッズを紹介!

DVDやYouTubeで歯磨きの楽しい動画を見せて歌って歯磨きしたり、可愛い歯ブラシや歯磨き粉を用意して選んでもらったり、ぬいぐるみに歯を磨いてもらったり。これも歯磨きをいかに楽しくするかっていうことが大切ですね。

スポンサーリンク