新生児って飛行機に乗れるの?乗る前に知っておくべきこと

寝ている赤ちゃん

産まれたばかりの新生児の赤ちゃん。そんな小さな赤ちゃんと一緒に飛行機に乗らなければいけない時ってありますよね。でも実際、新生児の赤ちゃんって飛行機に乗せても良いのでしょうか?

首もすわっていないのに赤ちゃんは大丈夫なのか?泣いたらどうしたら良いのか?そもそも、どうやって乗ったら良いのか?そんな疑問ばかりが出てくると思います。

そこで今回は新生児を飛行機に乗せる前に知っておきたいことを紹介していきます。赤ちゃんを乗せて飛行機に乗る予定のある人は、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

里帰り出産のため飛行機に乗る

私は子供を里帰り出産しました。実家は遠方のため、飛行機ではないと行き来できない距離。しかし、事情があり、産んで3週間後には家に戻らなければならないため、新生児の子供を乗せて飛行機に乗ることになったんです。しかも二人で!

まだフニャフニャの赤ちゃんを乗せて飛行機になんて乗れるのか・・。出発前は不安しかありませんでした。そこで少しでも不安を解消し、心構えを知っておこうとネットで検索しておくことにしました。

新生児と飛行機に乗る時に知っておくべきこと

まずそもそも新生児を飛行機に乗せても良いのか?というところからです。車はまだしも空の上の旅なんて許されているのでしょうか。

赤ちゃんが飛行機に乗れるのは、ANAとJALの場合は、国内・国際とも生後8日以降と決められています。新生児期は病気にかかりやすい時期でもありますので、生後8日未満は飛行機に乗ることができません。

首がすわっていない赤ちゃんは、ママやパパがシートベルトをつけた上の膝上に抱くのが基本です。座席を予約しチャイルドシートを利用する場合は、しっかりと1人でお座りできるようになってからにしましょう。

引用元:赤ちゃんの飛行機はいつから?新生児も乗れるの?料金はかかる?

なるほど。8日以降であれば大丈夫なようです。座席はパパやママの膝上なので、もちろん料金はかかりません。また、新生児はオムツ替えや愚図った時のために通路側の最前列が安心のようです。

別途料金を払えば赤ちゃん優先席があったり、ベビーベッドも貸し出しがあるようなので、航空会社に予め確認しておく必要がありそうです。では新生児の赤ちゃんはどうやって乗るのか?シートベルトはするのでしょうか。

赤ちゃんと飛行機に乗る方法(座席利用しない場合)

ママやパパがシートベルトを着用した上に、赤ちゃんを抱っこします。バシネットは、離陸・着陸時は利用することができないので、同様の方法で抱っこしてあげましょう。

一見、「それでは赤ちゃんが守られていないのでは?」と思いますが、同伴者と一緒にシートベルトを締める方が、万が一事故が起きたときに危険です。同伴者の手が赤ちゃんにとってシートベルトになるので、しっかり抱いてあげましょう。

引用元:赤ちゃんの飛行機はいつから?新生児も乗れるの?料金はかかる?

シートベルトはせずに、抱っこするのが良いようです。離陸時には耳抜きのために、母乳やミルクを飲ませてあげると不快感も軽減するようです。

確かに離陸の時は、大人も不快感があるので、新生児だって嫌ですよね。あとは赤ちゃんの生活のリズムに合わせて、寝る時間に出発できるのがベストなようです。

スポンサーリンク