片付かない!おもちゃを上手に整理する方法

おもちゃで遊ぶ子供達

おもちゃは子供が成長し、誕生日やクリスマスを迎える度に増えていきます。最初は箱一つにまとまっていた小さいおもちゃも、その数は増え、物は大きくなり、箱なんかには収まりきらなくなります。

それに加えて、子供は片付ける前に次のおもちゃを出し始めるので、気が付くとリビングがおもちゃだらけ!上手に整理するのが難しいおもちゃ。どうにかならないものか・・。

そこで今回は片付かないおもちゃを上手に整理する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

とにかく何でも出す息子

うちの息子は、今色んな物に興味があります。トーマスやアンパンマンが大好きで、電車も車も動物も本も大好き。気が付くと、色んな種類の色んな物がゴチャゴチャになっていました。

おもちゃ箱の中には色んな種類のおもちゃが一緒に入っているので、遊ぶときには一度箱の中身を全部出す息子。そこから自分の遊びたいおもちゃを選んで遊びます。そして飽きると別の箱の中身を全部出して、またそこから選んでいます。

当然、リビングはいつもおもちゃが散乱。私が隣で片付けても、一つのおもちゃに飽きるとまた箱の中身を全部出すので片付きません。これは息子が悪いわけではなくて、私のおもちゃの整理方法がいけないのか!?

おもちゃを上手に整理する方法

いつもリビングがおもちゃだらけなのは、私のおもちゃの整理方法が悪いのかもと気付かされた私は、おもちゃを上手に整理する方法を調べることにしました。

一日の終わりは「第一段階」

とにかく、遊びたいだけ、出したいだけおもちゃを出しなさい。だけど、時間が来たらとにかく片付けてね。それが「第一段階」。といっても、アイテムごとに分類なんかしてた日にゃ、とても本日中に終わらないから、

1.おおざっぱな分類で、とにかく箱の中に放り込む! そして床の上を何もない状態に戻す

2.その箱を所定の場所に戻す

引用元:片付かないおもちゃは「二段階」で攻略

1日の始まりに「第二段階」を

「第二段階」では、アイテムごとにきちんと分類します。デキルお子様なら日常的にやっていることなのでしょうが、現状そうでない我が家では、余裕のあるとき、遊び気分でやらせています。むしろ、遊び始めにやらせる方がいいみたい。分類することもまた、楽しかったりするんですよね。

引用元:片付かないおもちゃは「二段階」で攻略

まずは一日の終わりには第一段階程度の片付けでいいんですね。この時は細かくなくても良いので、とりあえず大きく分類しておもちゃを片付ける。まずは床の上に何もない状態にするのが目的です。

そして片付けた箱を所定の位置に戻すのだそう。これを子供と一緒にやれば、毎日の片付けは簡単にストレスなくできそうです。

そして一日の始まりに第二段階。この第二段階の時点で大きく分類していたおもちゃをきちんとアイテムごとに分けます。これも楽しく。そして余裕のある一日の始まりに子供と一緒にします。

スポンサーリンク