言い方が悪い!?イヤイヤ期の子供の叱り方

泣く子供

泣いたり笑ったりしているだけだった赤ちゃん。それがいつからか自分の意志が出てくると、赤ちゃんから子供に成長したのだと強く感じます。

それと同時に、悩まされるのが子供への叱り方ではないでしょうか。子供の意志を尊重したい。でも、悪いことは悪いと伝えなければいけない。しかし、そう簡単に受け入れてくれないのがイヤイヤ期です。

何をしてもイヤイヤ。何を言ってもイヤイヤ。つい怒鳴ってしまい、あとで後悔するなんてこともあるのではないでしょうか。

今回はそんなイヤイヤ期の子供にどのように叱ったら良いのか?その叱り方について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

寝顔を見て「ごめんね」の日々

うちの息子は現在「魔の二歳児」と呼ばれる年齢。まさにイヤイヤ期の真っ最中です。それに加えて好奇心旺盛な時期なので、気になることがあると飽きるまでそれをやっています。

ふりかけを開けてばらまいたり、家のコードを全て抜いたり、床に落書きしたり・・。そんな息子に最初は笑顔で対応するものの、だんだんと私のイライラは急上昇。気が付くと大きな声で怒鳴ってしまいます。それに驚き泣き出す息子。

そして可愛い天使のような寝顔を見ては、「今日も怒鳴ってごめんね。明日は笑顔のママでいるからね。」と頭を撫でるのですが、翌日にはまた怒鳴る私。

どうにかして、このイヤイヤ期の息子を怒鳴らずに叱る方法はないのか?どうやって教えていけばいいのか?毎晩そんなことを考えて寝顔を見ています。

子供の叱り方

早速ネットで調べてみると、私にとって心に響く記事を見つけました。

「叱る」とは、本当に悪いことをした時に、それを強くとがめることです。「諭す」とは、物事の道理や善悪を、納得できるように説明して聞かせ、正しい方向に導くことです。

引用元:2歳児に響く叱り方!イヤイヤ期を納得させるたった1つの効果的方法

叱ることと諭すことのバランスが必要なんです。本当にいけないこと。人や自分を傷つけるような行動をとった時には、きちんとダメだということを主張して叱ります。どのような理由があっても、ダメなものはダメ。それはきちんと伝えるのです。

それ以外の好奇心で行うようなイタズラやイヤイヤには、叱るのではなく諭します。自己主張は成長の証。怒るのではなく、優しく「なぜダメなのか?」という理由を伝えながら諭してあげるのです。

この叱ることと諭すことの違いをつけるためにも、叱る時にはきちんと叱ります。まずはダメなことをした時は、その場ですぐに。また長く説教をするのではなく、短くわかりやすく。目を見て毅然とした態度でゆっくりと低いトーンで。これを心掛けると良いみたいです。

スポンサーリンク