保活はいつから?やり方は?出遅れた保活体験談

子供達

私は息子を妊娠している時、それはそれは酷いつわりがあり、仕事を続けることが難しいと判断して会社を退職しました。

今考えると休職にして、産休育休まで取得すれば良かったと後悔もありますが、その時はそこまで考える余裕がなかったんです。

生まれた後の仕事や保育園なんてすぐに見つかるし、どうにかなる!なんて軽い気持ちでいました。でも、それが大間違い!待機児童で溢れていると言われる今、保活ってすごく大変な活動だったんです。

今回はそんな保活の壁にぶち当たっている人のために、保活を始める時期や保活ですることを紹介しています。

スポンサーリンク

保育園に入れない!?

わたしは息子が10か月になった時、仕事探しと保育園探しの壁にぶち当たりました。同じ月齢のママから保活中と聞き、「え?保活って何?就活的な?」と聞き返してしまうくらい・・私は保活の知識がありませんでした。

そう、保活とは保育園に入るための活動です。そんな活動をしなくては保育園に入れないのです。

早速区役所に言って聞いてみると、私の住んでいる地域には認可保育園が4つあるのですが、どこの園も今は入れないとのこと。認可外保育園のことは、直接その保育園に聞いてくださいと言われました。

「入れない!?」能天気に考えていた私は、そこでやっと保活というものと真剣に向き合い始めたのです。

保活って何をすればいいの?

では実際保活をしよう!と思い立ったところで、何から手をつけたら良いのか?何もわからない私は「保活」ということを調べることにしました。(保活とは?いつから何をするの?保育園に入るためのポイントは?が分かりやすかったです。)

1歳から入園したい場合、保活って産まれてからではなく、妊娠中から始めた方が良いらしいです。赤ちゃんが産まれるとなかなか自由がきかなくなるので、安定期に入って体調が落ち着いたら保活開始する人も多いんですね。

保活のやるべきことは、保育園を知る!というところから。まずは自宅や会社の場所を考えて、通える保育園はどこにどれくらいあるのかを役所で聞きます。

そして、その保育園に予約を入れて見学に行き、建物や園庭の様子、先生や子供たちの様子、食事やおやつのことなど気になることはどんどん聞きます。

ここまでを妊娠中にしておくと、あとは申し込みの時期に自分の希望の保育園が明確になっているので、とてもスムーズです。あとは申し込み時期になったら、必要な場所に必要な書類を提出して結果を待ちます。

この時期と場所については保育園によっても異なるので、いつから入りたいか?場合はどこに何を提出するのか?ということを調べておきましょう。

保活スタート

私の保活スタートは子供が10か月になってからでした。まさか妊娠中から保活をしている人がいるなんて知らず、少し遅いスタートとなりました。育休はとっていなかったので、1歳〜1歳半くらいで入れればいいと考えていたのですが・・。

スポンサーリンク