子供の鼻水対策!ベビースマイルの電動鼻水吸引器レビュー

baby smile

大人は風邪をひいて鼻が詰まっても、自分の力で当たり前のように鼻水を出すことができます。しかし、小さい子供って、この当たり前のことができないんですよね。

じゃあ、どうするのか?正直どうしようもないです。垂れてきたら拭いてあげるくらいで、何もしてあげられることがありません。

夜も鼻呼吸ができなくて苦しそうだし、鼻水のせいで咳も出て喉も腫れてしまうんですよね。そんな子供に何か良いアイテムはないのでしょうか?

今回はそんな子供の鼻水について悩んだ私が購入した『ベビースマイルのロングノズル付き電動鼻水吸引器メルシーポットS-502』を体験談とともに紹介します。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

簡易鼻水吸引器ではダメだった

1歳を過ぎてから、風邪をひいて鼻水を出すことが増えた息子。いつも鼻の奥が辛そうで、寝る時は更に寝苦しそうでした。小児科に行くと無料で鼻水の吸引をしてくれるのですが、家に帰るともう鼻が詰まっているという感じです。

小児科の先生からも「鼻水が喉にいくことで咳が出て喉が腫れて熱が出るので、こまめに鼻水を吸ってあげてね」と言われていたした。

そこで薬局で1000円もしないで売っている簡易的な鼻水吸引器を購入。これは子供の鼻に吸引器の先端を入れ、逆から大人が息を吸い込むことで鼻水がとれるというものでした。

しかし、これが私には上手く使えずに全然とれません。息子も嫌がって動くのでまったく意味がありませんでした。それにこれは吸う大人が風邪をもらってしまうというデメリットもありました。

これはどうにかしなければ・・。あの小児科にある鼻水吸引器みたいなのがあればいいのに!と調べてみたのです。

ベビースマイルのロングノズル付き電動鼻水吸引器

小児科のような吸引器ほどの威力はないですが、家庭用でも電動で鼻水を吸引できるものがいくつか発売されていたんです。

簡易的な鼻水吸引器では、まったく子供の鼻水を吸えない!という人は結構買っている人が多いみたいです。値段は安くはないですが、風邪をひくたびに悩むのであれば買ってもいいかな?と思い、お店に見にいきました。

いくつか種類があり悩んだのですが、口コミなどを見てみると商品によっては音が気になるものや使いにくい物もあるようです。値段は1万円〜2万円くらい。

やはり実物を目の前にして値段の高さに躊躇する気持ちもありましたが、隣で鼻水を詰まらせて辛そうな息子を見ていると安い気持ちにもなります。

スポンサーリンク