これでいい?子供に合った幼稚園の選び方のポイントとは?

楽しそうな子供達

幼稚園の頃の記憶はありますか?と聞かれると、あまり幼稚園の頃の記憶ってありませんよね。でも、実はこの幼少期に過ごす幼稚園の時期は、大人になるための自分を形成するとても大切な時期なのです。

そう考えると自分の子供の幼稚園選びは、その子の将来を決めるようでより慎重になります。どこを重要視すれば良いのか?うちの子に合っている幼稚園なのか?そんなことを考えると、なかなか幼稚園が決まらずに難航してしまいます。

そこで今回は幼稚園選びで大切なこと、幼稚園選びで失敗しない方法を紹介していきます。これから幼稚園選びが始まる方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

自分の子供と幼稚園の特色

近所を散歩していると幼稚園バスを多く見かけます。幼稚園選びを考え始めたとたん、この幼稚園バスが異様に気になるようになりました。幼稚園バスの名前を見て調べてみると、結構遠くからバスってきているんですね。区外の幼稚園も多数あり驚きました。

そうなると幼稚園選びの範囲も広がり・・嬉しいような悩みが増えるような・・そんな気持ちです。幼稚園にはHPがあるので、それぞれの特色を見てみると「のびのび系」「どろんこ系」「お勉強系」「運動系」「受験系」など様々なものがありました。

でも、「○○系」って、親の希望で選んで良いのでしょうか。入園して子供に合っていなかったら可哀そうだし・・。かといって、聞いたところでまだ2歳の子供には理解できないし。

何を基準にどう選べば失敗しないのだろう・・。なんだか幼稚園選びの迷路にはまってしまったようでした。

幼稚園の選び方

幼稚園選びをする上で抑えておきたいポイントなどはあるのか?まずは自分の迷路を脱出するために幼稚園選びについて整理していくことにしました。

まずは選ぶ基準を自分たちが明確にしなければいけません。絶対にこれはさせたい!これだけは譲れない!そんなポイントを書き出しておきましょう。

教育方針とは、まさに○○系といった幼稚園の特色です。この幼稚園は何に特化しているのか、何に力を入れているのかを知っておきます。

そしてHPでもパンフレットでも伝わらない重要な部分は幼稚園の雰囲気です。これは必ず見学に行って確認する必要があります。文書でいくら素敵なことをいっていても、実際に園児たちがつまらなそうに過ごしていてはなんの意味もありません。

見学に行って、先生や園児の表情を様子を見る。先生の対応や雰囲気を見ることは何より重要です。また、施設が綺麗、新しい、充実している!ということは重要とするところではありません。

どんな施設であっても、子供が楽しく過ごしていることの方が大切です。古い園舎でも掃除が行き届いていて皆が愛情を持っていることの方が重要です。

そして最後に、「毎日通えるか?」ということは絶対条件です。保育料や給食のこと。通園の距離。現実的に毎日通うことはできるのか?これはまずクリアしなければいけませんね。

本気で幼稚園を選んでみました

さて、ここでグチャグチャになっていた頭を整理しつつ、本気で幼稚園選びを開始しました。説明会や見学会は秋頃にいっせいに始まります。まずはそれまでに説明会や見学会に行く幼稚園を絞り込みしてきます!

毎日通えるか

今幼稚園バスが家の近くまできていて検討可能な幼稚園が7か所あります。しかし、現実的にこの7か所の幼稚園の中で毎日通える幼稚園というのを考えて絞り込むことにしました。

私は子供が幼稚園に行っても、仕事を続ける予定がありました。そのため、帰りは幼稚園まで子供を迎えに行く日もあります。

スポンサーリンク