スマホの電磁波が赤ちゃんに与える影響とは?

スマホを触る赤ちゃん

赤ちゃんが寝ている時や授乳をしている時、つい時間を持て余して近くにあるスマホを手にとってしまうことってありませんか?

今はスマホで何でも調べたり、お買い物までできる時代。なかなか出掛けられないママは、赤ちゃんの横でスマホを使用してしまう頻度も多いのではないでしょうか。しかし、気になるのがスマホから出ている電磁波です。

この電磁波って、実は赤ちゃんに悪い影響を与えているのではないか?知らないうちに、よくないことをしてしまっているのではないか?そう考えると不安になりますよね。

そこで今回はスマホの電磁波が与える赤ちゃんへの影響について、私が調べたことを紹介していきます。

スポンサーリンク

何も考えずにスマホを使用していた私・・

何を隠そう・・私自身子供が産まれてから、何をするにもスマホを頼りにすることが多くなりました。育児でわからないことや困ったことがあればスマホで検索。欲しい物や足りない物があればスマホでお買い物。

赤ちゃんを抱っこしていても片手で簡単に使用できるので、育児をしている中でのスマホの存在は有難いものになっていました。

寝ている子供の隣でピコピコと・・暇つぶしにゲームで息抜き!なんてこともありました。しかし、ある日TVで衝撃の言葉を耳にしたのです。

「スマホの電磁波は子供に良くない」と。え?そうなの?何も知らずに、何も考えずに、小さな赤ちゃんの隣でスマホをしていた私は驚き・・。そして罪悪感と不安に駆られました。

良くないって何に良くないの?何に影響するの?どれくらい使用するとダメなの?そこですぐに調べてみることにしたのです。

スマホの電磁波が赤ちゃんに与える影響

調べてみると電磁波が与える影響が様々あることがわかりました。

WHOは2011年、携帯電話を発がん性を持つ危険有害物質と指定しました。

電磁波は発がん性以外にも、小児白血病、流産、幼児性突然死症候群、ダウン症、うつ病、白内障などのリスクが高まる可能性があると指摘されています。

赤ちゃんの頭蓋骨は大人よりも薄いので、脳が電磁波の影響を受けやすいとも言われています。

引用元:電磁波が赤ちゃんに与える影響

そんな!!こんなにも悪い影響があったなんて。そしてそれを知らなかったなんて・・。

スポンサーリンク