そろそろ?赤ちゃんの断乳の時期と方法

泣きそうな赤ちゃん

我が子が1歳に近づいてくる頃になると、考えなければならない大きな問題。それが断乳問題ではないでしょうか。

いつまでに断乳をしなければいけない!という決まりはありません。しかし、ママの仕事や子供の離乳食の進み具合によっては、そろそろ断乳をしなければ・・と考え始める時期がきてしまいます。

ただ、赤ちゃんにとって、大好きなミルクや母乳。この大好きな物を奪ってしまうようで心苦しくもありますね。また、成功するのかと不安を抱える人も多いでしょう。

そこで今回は赤ちゃんの断乳について知っておくべきことを、私の調べたことや体験をもとに紹介していきます。

スポンサーリンク

1歳半で断乳を決意

うちの場合は子供が1歳になった時に職場復帰をして、保育園に入園しました。しかし、その時には断乳はしておらず、まだ母乳を飲ませていました。

保育園の先生に相談したところ、保育園に預けることで精神的に不安定になる時期でもあるので、断乳はもう少し保育園に慣れてからでも良いのでは?とアドバイスをもらったこともあり、入園後も母乳をあげていました。

そのため、お迎えに行くとすっ飛んできてはママのおっぱいを探す日々。それでも飲んで安心してくれるのであれば、安定剤として飲んでもらおう!なんて気持ちでいました。

しかし、1歳半を前にしたところで、離乳食が進まなくなってしまったのです。保育園でのお昼は食べているようなのですが、朝と夜に私と食べるご飯は全然進まずにほとんど残します。そして、すぐにおっぱいを欲しがります。

そんな生活だったため、あまり体重も増えなくなり、栄養がとれているのかも心配になったのです。これはいよいよ断乳の時期かもしれない!延ばしていた断乳を決行する時がきたと、真剣に断乳と向き合うことにしました。

断乳って何からすればいいの?

断乳を決意したものの、今までおっぱいに頼りきりだった私と息子。おっぱいのない生活にどう切り替えていけば良いのかと悩みました。そこでお助け本『いちばんよくわかる育児』で断乳の流れについて調べてみました。

この本によると断乳には流れがあるとのこと。

  1. まずはいつから断乳するのか計画をたてる
  2. 飲ませる時間を短くしていく
  3. 飲ませる回数を減らしていく
  4. 思い切って3日間与えない
  5. ママの体のケアをする

ここまできて断乳成功となるわけです。よくおっぱいにからしを塗ったり、怖い絵を書くなんて方法も聞きますが、このような方法はあまりおススメできないようです。どうしても!という最終手段として考えておいた方が良さそうです。

いざ断乳へ

調べた断乳の流れを、さっそく試してみることにしました。おっぱい大好きな息子との断乳との戦いの始まりです!

断乳日を決める

まずは3日間与えないとする日を決めることにしました。決めるにあたって考えたのは、保育園ではない日とパパが休みの日。

保育園の日は、まだ甘えたがることが多かったので、1日中一緒にいられる日の方が甘えが少ないからです。また、パパがいれば日中はたくさん遊んで、上手くいけばパパと寝てくれる可能性もあると考えました。

スポンサーリンク