絶対に知っておくべき!離乳食の基本の作り方

離乳食

ミルクや母乳だけ飲んでいた赤ちゃんも、5か月になる頃には離乳食を開始します。ちゃんと食べてくれるのかな?料理が苦手な私でも離乳食って作れるのかな?初めての離乳食は不安でいっぱいですね。

離乳食は、まず「食生活」に慣れてもらうということが一番の目的です。ママも頑張り過ぎずに、一緒に離乳食を進めていくことが大切です。

今回はそんな離乳食初心者のママへ、私が離乳食作りの基本として覚えた作り方を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

離乳食って大変そう

離乳食ときくと、どんなイメージがありますか?私はとにかく大変!というイメージしかありませんでした。赤ちゃんが食べられるくらいに細かくきったり、茹でてこしたり・・。大人の倍くらい工程があるような気がして、毎日それをするのかと思うと少しうんざりする気分です。

実際に離乳食ってどうやって作ればいいのか?子供が5か月になった頃から、離乳食の作り方について色々と調べるようになりました。

離乳食の基本の作り方

まずは基本を知らなければ!ということで、離乳食の作り方の基本から調べてみることにしました。「いちばんよくわかる育児」という本によると、離乳食作りには欠かせない基本の調理法というのがあります。

裏ごし

細かい網の目になっている道具で食品をこし、なめらかにしたり、かすを取り除いたりします。柔らかく茹でたじゃがいも、にんじん、かぶ、かぼちゃなどが使われます。裏ごしをしたものに、お湯と出汁を加えれば、離乳食の1品になります。

すりつぶす

繊維のある食品など、口の中でモソモソとしやすい食品はすりつぶすことで食べやすくなります。すり鉢に食品を入れて、すり棒ですりまぜます。白身魚を調理する時に多く用いられる作り方です。

とろみをつける

繊維の多い食材などをのどごしよくするのが、とろみづけです。水溶き片栗粉を調理の中で入れるだけでOKです。片栗粉1:水2をあらかじめ混ぜておき、野菜などを煮立たせた鍋に入れます。他にも電子レンジで加熱して食材の上からかけても、あんかけ料理になり食べやすくなります。

これが離乳食の基本の作り方です。あとは食材を変えたり組み合わせて、毎日の献立を考える。初期の離乳食はこれで良いのです。

簡単そうだけど、実際は難しそう・・。本を見ているだけだといまいちわかりませんが、イメージはできてきました。

離乳食を作って食べさせ保存まで

本を見ながら早速離乳食作りを開始しました。

離乳食作りの用具を揃える

まずは作るにあたって、裏ごしをしたりすりつぶしたりする用具を揃えることにしました。頻繁に使うものなので、すぐに買い替えても良いようにと、まずは安い100円ショップに行って偵察。

スポンサーリンク