何が嫌なの?赤ちゃんがお風呂で泣く原因と対処法

お風呂で泣く赤ちゃん

最初からお風呂大好き!という赤ちゃんって、なかなかいませんよね。お風呂に入れると何が嫌なのか泣き始めてしまい、毎日困惑しているママも多いのではないでしょうか。

せっかくなら気持ち良く入ってほしいお風呂。何か赤ちゃんがお風呂を楽しめるようになる対策はないものなのでしょうか。

そこで今回は赤ちゃんがお風呂で泣く原因と対処法について、私が調べたことや実践したことを紹介していきたいと思います。お風呂で苦戦をしているママは、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お風呂で泣かれて毎回大慌て

生まれてから数か月はベビーバスに入れていた息子。ベビーバスでのお風呂はキッチンの洗面台で気軽に入れることができたので、割と苦戦することなくお風呂に入れることができていました。

息子もベビーバスで愚図ることはなく、いつも入れると気持ち良さそうな顔。泣くこともほとんどありませんでした。そのため、ついギリギリまでベビーバスを使用してしまい、4か月頃まではベビーバスでお風呂をすませていました。

5か月すぎ頃から、本格的なお風呂デビュー。パパの帰りが遅いので、基本は私一人で入れます。これが大変!まずはバンボに座らせてシャワー。そして体を洗い流し、その後湯船に入ります。しかし、もうバンボでシャワーをする最初の段階から大泣きです・・。

もう全てが嫌なようで、体を洗っても湯船に入れても泣き止みません。泣かれてしまうと可哀想な気がして、私も急いでお風呂から出なければと毎回大慌てです。

お風呂から出ても少しグズグズ。いったい何が嫌なのだろう。どうしたら、もう少しスムーズにお風呂に入れるだろう。悩んだ私は赤ちゃんがお風呂で泣く原因と対策について調べることにしました。

赤ちゃんがお風呂で泣く原因と対策

一般的に赤ちゃんがお風呂で泣くのには、どのような原因が考えられるのでしょうか。

眠いときとお風呂のタイミングか重なってしまった、うまくお昼寝できずに生活リズムが崩れて眠い、などの理由で泣いてしまうことがあります。(中略)

赤ちゃんにとってお風呂は、いつも過ごしている部屋とは暖かさや湿度、照明や雰囲気も異なる空間です。慣れない場所で裸にされると、不安を感じてしまうことがあります。(中略)

赤ちゃんは大きな音や刺激に敏感です。激しい音や強い水圧が怖いのかもしれません。(中略)

赤ちゃんを支える手がグラグラしていたり、不安定だったりすると、赤ちゃんも不安を覚えてしまいます。

引用元:赤ちゃんがお風呂で泣く!原因と対処法は?

こんなにも考えられる原因がありました。これは一度どれに当てはまるのか、それぞれ確認をする必要がありそうです。では、赤ちゃんがお風呂で泣いてしまった時の対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。

毎日時間を決めてお風呂に入れることは、生活リズムを作る上で大切なことです。ただし赤ちゃんが眠いときには、無理をしてお風呂に入れる必要はありません。(中略)お風呂の前に授乳する場合は、吐き戻しを防ぐため、授乳後30分ほど時間をおいてからお風呂に入れましょう。(中略)赤ちゃんに刺激を与えないよう、シャワーを使用するときには、弱めにして優しくかけてあげましょう。(中略)

赤ちゃんと一緒にお風呂に入るときは、赤ちゃんが不安定な姿勢にならないように、しっかりと支えてあげましょう。赤ちゃんを洗うときには、赤ちゃん用のお風呂マットやベビーチェアがあると、姿勢が安定して洗いやすくなりますよ。(中略)

カラフルなおもちゃや赤ちゃんが好きなおもちゃで、興味を惹くのもおすすめです。お風呂が楽しい場所だと思えるように工夫しましょう。

引用元:赤ちゃんがお風呂で泣く!原因と対処法は?

原因に対する対処法もありました。私は毎回泣いてしまうことで慌ててしまい、きちんとお風呂場を赤ちゃん用に整えていなかったような気がします。

スポンサーリンク