初心者ママパパ必見!赤ちゃんの正しいあやし方

赤ちゃんをあやすママ

初めての子育ては、わからないことだらけ。どうしたら赤ちゃんが喜び、どうしたら赤ちゃんが嫌がるのか・・。そんなことも毎日試行錯誤かと思います。

赤ちゃんはあやすと泣き止んで笑うなんて聞きますが、そもそもそのあやし方すらわからないなんて人も多いのではないでしょうか。どうしたら笑ってくれるの?赤ちゃんのあやし方に良い方法や正しい方法はあるのでしょうか。

今回は赤ちゃんの正しいあやし方について、私が調べた方法や実践したことを紹介していきたいと思います。赤ちゃんとの過ごし方に悩んでいるママは、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

あやすってなんだ!?

生後3か月くらいになり、寝ているだけの赤ちゃんが、少し長く起きていられるようになった頃。赤ちゃんと遊ぶということが本格的に始まったような気がします。

楽しいとニコニコ。不機嫌だとムス。なんだか人間らしい表情も出てきて、一緒にいても違う楽しさが出てきました。

しかし、初めての子育て。あやし慣れていない私は上手にあやすことができません。・・というより、これで合っているのかな?と心配になることもあります。

「いないいないばぁ!」と言うとニコニコ。足をこちょこちょ。なんだかあやし方もマンネリな私。更には泣いている時には、このあやしも通用せず。あやし方に良い方法や正しい方法はあるのでしょうか。

赤ちゃんのあやし方やコツ

疑問に思った私は早速調べてみました。

赤ちゃんのあやし方にはいろいろありますが、まずは抱っこして、軽く揺らしてあげるのが基本です。首や腰が据わっている赤ちゃんなら、おんぶも効果的ですよ。

抱っこしてあやすときは、大人が膝を屈伸させて、横揺れ+縦揺れを入れると、とってもご機嫌になります。赤ちゃんが「こう来るかな、こう来るぞ」と思っている動きを繰り返してあげると、赤ちゃんは大喜びします。(中略)

赤ちゃんは大人の表情に敏感に反応します。多少大げさなくらいに笑顔になるように努めましょう。

引用元:赤ちゃんのあやし方。コツや注意点は?

赤ちゃんをあやすには、とにかくママが笑顔で楽しそうにすることがポイントのようです。あとは赤ちゃんが想像した動きを繰り返し行うのも喜んでくれるんですね。

「いないいないばあっ!」をして喜ぶのも「ママはきっと次にばぁ!ってするぞ」と期待した通りの行動が行われるからなのでしょう。

パパとママのそれぞれのあやし方

パパとママでもあやし方には違いがあり、同じことをしていても喜び方も違います。私たちが色々なあやし方を実践してみて、効果的だったものを紹介します。

スポンサーリンク