どうすればいい?寝ている赤ちゃんの良い起こし方

あくびをする赤ちゃん

赤ちゃんも3か月を過ぎると、少しずつ生活のリズムができてきます。また、仕事復帰や保育園入園を検討しているママは、生活リズムは早めに整えていきたいと思っている人も多いでしょう。

生活リズムの基本となるのは睡眠です。朝起きる時間を定着させることで、すべてのリズムが整ってきます。逆にいうと、朝起きる時間が遅くなることで、ご飯も昼寝も就寝も・・すべてのリズムが遅くなってしまいます。

しかし、気持ちよく寝ている赤ちゃんを起こすのは何だか気が引けますよね。また、どのように起こすのが良いのでしょうか。そこで今回は赤ちゃんの良い起こし方について、私が調べたことと実践したことを紹介します。

スポンサーリンク

声を出す?トントンする?

私は6か月過ぎまでは、あまり生活リズムについて深く考えていませんでした。いつも22時頃に寝て、8時過ぎに起きるのが基本。でも、それが1時間早くなることも遅くなることもあります。それでも、夜にまとまって寝てくれるなら良いかな?と思っていたのです。しかし、1歳で仕事復帰と保育園入園をすることになり、いよいよ本格的に生活リズムを整えていかなければ!と考えだしました。

仕事の関係で保育園に預けるのが8時半前頃になります。家を8時に出るとなると、起きるのは7時というのを定着させなければいけません。夜は21時には寝て7時に起きる。このベースを崩さないようにするために、朝は7時になったら息子を起こすことにしました。しかし、スヤスヤ寝ている息子。

「朝だよー」と声をかけても起きません。体をトントンとしても気持ち良さそうに寝ています。顔をプニプニ触っても寝ています。そうすると起こすのが可哀そうになり・・なんだかそのまま寝顔を見つめてしまいます。どうにかして良い起こし方はないものなのでしょうか。

赤ちゃんの起こし方

何か良い起こし方はないのか調べてみました。

・カーテンを開けて日の光を取り込む

・足裏を指圧する

・おむつを替える

・顔を水で濡らしたガーゼなどで拭く

・口の回りを刺激する

・おっぱいを近づける

・お風呂に入れる

引用元:赤ちゃん・新生児の起こし方。上手に起こすコツは?

大人とは違う起こし方のコツがあるようです。大人を起こす時には、体をたたいたり布団をはいだりして、無理にでも起こしてしまいがちですが、赤ちゃんはそうもいかないですもんね。

スポンサーリンク