遅いかも?赤ちゃんの首すわりの時期と判断方法

指をくわえる赤ちゃん

首がすわっていない赤ちゃんは、頭がグラグラ。抱っこしていても、気をつけなければならないことがたくさんあります。

少しずつ首がすわり、しっかりしてきたかな?と感じても、まだまだ油断はできません。

実際に赤ちゃんは、どれくらいの時期になったら首がすわるのでしょうか。また首がすわったと判断する基準はどこにあるのでしょうか。

今回は赤ちゃんの首すわりの時期と判断方法について、私が調べたことと体験について紹介していきたいと思います。もう大丈夫かな?とソワソワ心配しているママは、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

首すわった?早い?

うちの息子は首がしっかりしてくるのが早く、生後2か月くらいになると、たて抱きをしても頭が安定してくるようになりました。とはいえ、まだまだ赤ちゃん。首すわりとは捉えずに慎重に扱っていました。

その頃、抱っこひもは新生児の首がすわっていない赤ちゃん用のものを使用していました。通常の抱っこひもにインサートという首を安定させるクッションを入れてから、抱っこするというものです。

夏場だったこともあり、これが暑い!私もそうですが、息子も暑そうで・・。

首がすわっているのであれば、このインサートを早く外してあげたいと考えていました。でも首すわりの判断基準がわからずに、結局そのままインサートを使用していたのです。

もう首はすわっているのかな?早いのかな?悩んだ私は首すわりの時期や判断基準について調べてみることにしました。

首すわりの時期と判断方法

赤ちゃんがどのような状態になったら、「よし!首がすわった!」と判断して良いのか?その基準と一般的な首すわりの時期について調べてみました。

赤ちゃんの首がすわり始めるのは、だいたい3ヶ月くらいからになります。

早い場合は、1~2ヶ月くらいからという赤ちゃんもいますが、もっとも多いのは3ヶ月くらいです。(中略)

自分でしっかり頭を支え、頭を自由に動かせるようになるのは、4~5ヶ月頃が最も多く、多くの赤ちゃんは5ヶ月の終わりには首すわりが完了します。

引用元:赤ちゃんの首すわりの時期と首すわりの判断・確認条件

一般的には3か月頃になることがわかりました。それでも完全に安心できるのは5か月頃なのですね。

油断せず見守ることが大切そうです。また個人差もあるので、焦ったりしても赤ちゃんには悪影響になりそうです。それぞれの赤ちゃんの様子で判断が必要ですね。

ではその判断基準とは、どのようなものなのでしょうか。

 

スポンサーリンク