いつ行く?何する?赤ちゃんのお宮参りについて

鳥居

赤ちゃんの健やかな成長を願うための行事として、お宮参りというものがあります。

初めての赤ちゃんの場合、このお宮参りはいつ行くべきなのかと悩む人もいるでしょう。またお宮参りはどんな格好で何をするものなのか。誰とどこに行くべきなのか。そもそもするべきものなのか!?

今回はそんな赤ちゃんのお宮参りについて、私が調べたことと実際にお宮参りに行ったことを元に紹介していきたいと思います。そろそろ行くべき?なんて悩んでいるパパやママはぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

お宮参り問題

我が家の息子が誕生したのは5月中旬でした。お宮参りに行くということは知っていたのですが、具体的にいつどこに誰と行くべきなのか・・ということは知らなかった私たち。

そこでまず近くの神社でお宮参りを行っているかを調べてみました。するとあまり小さい神社では祈祷をしていることは少なく、ある程度大きなところに行かなくてはいけないことがわかりました。

そうなると自宅から車で30分くらいのところが祈祷をしている有名な神社となります。新生児期にそこまで遠出する勇気もなく、とりあえず1か月過ぎてから行こうということになりました。

しかし、1か月過ぎると夏になり暑くなってきます。そんな時期だと赤ちゃんには負担なのかな?とも思い、悩みました。それに両親には声をかけるべき?何か着せるべき?そんなことも悩みのタネに・・。さて、お宮参りどうしよう!?

赤ちゃんのお宮参りについて

育児本【いちばんよくわかる育児】によると、お宮参りをいく時期や方法は地域によって様々なのだそうです。つまりはその地域やその家で時期や方法を決めて良いようです。

一般的には30日前後に行うことが多いよう。ただ夏の暑い時期や冬の寒い時期では、赤ちゃんにも負担になってしまうので無理してまで行くことはなく、過ごしやすい気候になってからでOK。

赤ちゃんの服装は昔だと、男の子は鷹や鶴といったおめでたい柄のついた紋服。そして女の子は華やかな着物を着ることが多かったようです。しかし、今ではそのようなものよりもう少し簡易的なベビードレスや、レンタルの衣装を利用する人も増えています。

パパやママもカジュアルな服ではなく、パパはスーツでママもフォーマルなドレスを着て行くことが多いようです。

実際のお宮参りレポート

調べたことを元に夫婦で話、両親にも相談し、私たちのお宮参り計画を立てました。ここからは実際のお宮参りのレポートを紹介していきます。

いつどこで誰と?

5月に生まれて、新生児期を避けようとなり、さらに梅雨や夏の暑い時期は避けたいということで・・。7月中旬にお宮参りに行くことにしました。

関東に住んでいる私たちの地域の決まりはあまりないようで、30日が目安だけれど赤ちゃんの様子や気候によって決めるのが良いとのことだったので、30日に縛られずに赤ちゃんにとってベストな時期を設定しました。

場所はお宮参りで祈祷をしている神社を調べ、車で30分の場所に決めました。予約がいるのかと思い電話をしたのですが、そこの神社では予約不要とのこと。

祈祷の時間が1日3回あるので、その時間に間に合うように来くださいとのことでした。大きい神社なので、時間になったら一緒に祈祷をするのですね。

スポンサーリンク