赤ちゃんの脱水症について悩んだ私の実体験

人形とミルク

大人は暑い夏はもちろん、乾燥している冬でも脱水症になることがあります。脱水症は時間がたつと自分の力では立てなくなり、救急車を呼ばなくてはいけない大変なものです。ではこの脱水症、赤ちゃんはどうなのでしょうか。

赤ちゃんは自分では喉の渇きを感じることも、水分を補給することもできません。大人よりも脱水症にかかる確率が高いような気がしますよね。何か赤ちゃんの脱水症について知っておくべきことはあるのでしょうか。

今回は赤ちゃんの脱水症について私が調べたことと実際の様子を元に紹介していきたいと思います。ぜひ参考に読んでみてください。

スポンサーリンク

よく汗をかく息子

うちの息子は春に生まれました。生後2か月になる頃には、もう夏で暑くなり・・扇風機を回したりクーラーをつけたりと対策をしていました。しかし、夜はなるべくクーラーは付けない方が良いかと思い、様子を見ていたのですが・・よく汗をかきます!

私の母が「汗をかくのは良いこと。体温調整ができている証拠。」とは言っていたのですが、なんだか脱水症にならないかと心配でした。完全母乳で育てていたので、ご飯も水分補給も全て母乳です。

1日7回の授乳で、夏でも水分は足りているのか。もっと回数を増やすべきなのか。もしくは水かお茶を別で与えるべきなのか。なんだか心配になり赤ちゃんの脱水症について調べてみることにしました。

赤ちゃんの脱水症について

【お医者さんがつくった妊娠・出産の本】によると、赤ちゃんの体は80~90%が水分だそうです。大人は60%なので、比較しても水分が多いことがわかります。また水分を補給してから排出するまでの時間も短いです。

それでも離乳食前までの赤ちゃんであれば、ママの母乳だけで水分は足りているのだそうです。白湯を飲ませなくても大丈夫!ただ離乳食が始まると、固形から栄養をとるようになり母乳の量も減るので麦茶や白湯が必要になります。

問題なのは下痢やおう吐などの病気になった時と夏に大量に汗をかいた時です。このような時は大人よりも脱水症になりやすいので注意が必要です。

脱水症のサインとしては食欲がない・おしっこが少なく色が濃い・便が固いことがあげられます。このような時には経口補水液を飲ませてあげると塩分も摂れて安心です。ただ心配な場合には病院に行くようにしてください。

赤ちゃんは自分で症状が言えないからこそ、少しの変化にパパやママが気づいてあげなくてはいけませんね。

脱水症対策

ここからは息子への脱水症の対策や様子を紹介していきます。

スポンサーリンク