快適に過ごす赤ちゃんのスペース作りについて考えてみた

部屋

生まれたばかりの赤ちゃんとの生活は1日のほとんどの時間を家の中で過ごします。赤ちゃんにとっては家の中での毎日が生活の全てになるわけです。

そんな場所だからこそ快適に過ごせるような赤ちゃんのスペースを確保することが必要になりますね。では、どのような物を準備しておけば、赤ちゃんは1日中快適に過ごすことができるのでしょうか。

今回は赤ちゃんが快適に過ごすためのスペース作りについて、私が調べたことと実際に準備した物や様子を紹介していきたいと思います。これから赤ちゃんとの生活が始まるという方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1日どこで過ごすのが良いのだろう!?

出産準備グッズを用意していると、赤ちゃん売り場には様々な物が売られていて何が必要で何が不必要なのかと悩んでしまうことが多いですよね。

ベビー布団にベビーベッド。ベビーチェアにバウンサー。これって全部赤ちゃんには必要なのかな。でも置くスペースもそんなにないし・・。私はとても悩みました・・。

息子が産まれる時、我が家はまだ1LDKの賃貸でした。リビングに寝室の二つ。このスペースにこんなに赤ちゃんのスペースを置いたらゴチャゴチャしてしまいそうだし。

布団さえあれば寝てくれる?それとも日中の昼寝は布団ではない方が良いの?もう出産準備は迷宮入りです。そこでまずは何がどのような役割を果たすのかを調べ、その上で赤ちゃんにとって快適なスペース作りを考えていくことにしました。

快適な赤ちゃんのスペース作り

快適な赤ちゃんのスペース作りに必要な物や考えるべきことを調べてみました。参考にしたのは【いちばんよくわかる育児】という本です。

ねんねスペース

ベビー布団

1日のほとんどを寝てすごす赤ちゃん。布団の質にはこだわりましょう。今は布団セットになって売られている物も多いのでセットで買うと便利ですね。

敷布団・薄手の掛布団、厚手の掛布団、ベビー枕。それにそれぞれのシーツが2枚ずつあると洗い替えもできます。

ベビーベッド

上の子やペット、ホコリが気になる場合はベビーベッドを使用。安全な場所を確保できるようであれば用途に合わせて購入かレンタルの検討が必要です。

日中のスペース

ベビーチェア

高さや背もたれの角度を調整できるので、短いお昼寝や遊び、食事の時など長く使用することができます。

バウンサー

赤ちゃんが動くと自然に揺れる設計のロータイプのチェアです。計量でコンパクトなので持ち運びにも便利。

クーファン

昔ながらの簡易ベッドで赤ちゃんを寝かせたまま持ち運びができるもの。

その他グッズ

ベビーモニター

別の部屋にいる赤ちゃんの様子を見たり聴いたりすることができるので、赤ちゃんの異変や起きた時に駆けつけることができます。

加湿器・空気清浄機

乾燥する冬には加湿器があると便利。またペットやタバコの臭いが気になる場合は空気清浄機も重宝します。

温湿度計

赤ちゃんが過ごす部屋の温度や湿度は常に把握して調整しておきたいもの。温湿度計があると便利です。

スポンサーリンク