教えてくれないの?赤ちゃんの血液型について

血液を選択する医師

赤ちゃんが産まれた時、パパとママは○型だからこの子はきっと○型だねなんて血液型を予想したりしますよね。しかし、いざ産まれてみると産院では血液型を知ることはできません。

当たり前のように知ることができると思っていた赤ちゃんの血液型。実は今は産院では教えてくれないのです。なんだかビックリしますよね。血液型を産院で教えてくれないのは、一体なぜなのでしょう。また血液型はいつどこで知ることができるのでしょうか。

今回はそんな赤ちゃんの血液型について、私が調べたことと実際に聞いた内容を紹介していきたいと思います。あれ?血液型知らないのってうちだけ?なんて不思議に思っているパパやママはぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

何型だったの?と母に聞かれて

私は緊急帝王切開での出産となったため、入院中はバタバタ。また体調も良くなかったために産院で行われる母親学級にも参加できずに退院をしてしまいました。

そして退院してから、私の母に「この子は何型だったの?」と聞かれたのです。そういえば・・聞いてないな。と思い、母子手帳をペラペラ。出産後の情報を書いてくれていたのですが、血液型はどこにも記載がありませんでした。

母曰く、出産した産院で教えてくれるのが普通とのこと。私がバタバタしていて聞き漏れてしまったのかな?と思い、1か月検診でまた産院に行くのでその時に聞いてみることにしました。

1か月検診で産院に行った時「赤ちゃんの血液型わかりますか?」と聞くと、「産院では血液型は調べていないんです。もし知りたい場合は小児科などで調べてもらってください。」との返答が!

今時は産院では教えていないのだそう!ビックリです!そのことを私の母に伝えると「時代は変わったのね。」と驚いていました。

血液型を産院で教えてくれないのは何故?またいつになったら調べることができるの?ということで調べてみることにしました。

赤ちゃんの血液型について

血液型はどのように決まるのか。いつから調べることができるのか。また調べるべきなのか。調べてみました。

血液型はどう決まる?

確実に血液型を検査するには、その人が持っている血液中の赤血球表面にある「抗原」を正確に知る必要があるそうです。そして、A型の抗原を持つ人がA型、B型の抗原を持つ人がB型、A型とB型のどちらも持っていればAB型、O型はどちらも持っていないという具合に判断されます。表検査と裏検査といわれる2種類の検査が行われ、その一致率をみます。

赤ちゃんのうちに調べられないの?

生まれてすぐに調べる場合、臍帯血をもちいると、赤ちゃんの血液とお母さんの血液が混ざり、お母さんの方の抗原が強く反応する可能性があるそうです。また、赤ちゃんの血液の状態はすぐには安定せず、その状態は1歳ころまで続くようです。そんな中で血液検査をしても、信頼できる結果が得られないというわけです。その結果、大人になったら、「これまで知らされてたのと違った!」ということも今までには数多く報告されています。

引用元:http://maternity-march.jp/ketuekigata98124/

産まれたての赤ちゃんでは血液型に誤りが出てしまうことがあるようです。もしかしたら自分の血液型も違っていた!なんて可能性もあるのでしょうか。

スポンサーリンク