これで合ってる?赤ちゃんの正しいおむつがえ方法

赤ちゃんとおむつ

初めての赤ちゃん。初めての育児。初めてのおむつがえ。わからないことだらけで毎日大忙しですよね。

産院でおむつがえ方法について教えてもらえることも多いですが、いざ家に帰るとこれで合っているの?と不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。

新生児のおむつがえは1日10回近くもあります。これは最初のうちに正しい方法を取得しておくべき必須項目です。

そこで今回は赤ちゃんの正しいおむつがえ方法について紹介していきます。ママはもちろん育児に積極的なパパもぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

帝王切開での出産で何も学べず帰宅

私は難産で普通分娩が困難となり、緊急帝王切開で息子を出産しました。陣痛にたえてからの帝王切開。もう出産後には体のすべてが痛くて立ち上がるのにも一苦労。歩けるようになった3日目には熱も出てしまいました。

そんな入院生活だったため、赤ちゃんのお世話はほとんど助産師さん任せ。入院中のママ講座にも出ることができず、助産師さんの説明も意識半分に聞いている状態でした。

そして1週間後に退院。自宅に帰宅して自分一人での育児がスタートすると、わからないことだらけ!母乳?ミルク?ゲップ?お風呂?どーやるのー?とパニック状態!

中でも苦戦したのが、数時間おきにあるおむつがえでした。なんとなくおむつの構造を見ながらやっていたのですが、これで正しいのか自信が持てないまま行っていました。

パパにもおむつがえを取得してもらうべく、まずは私自身が正しい方法を知らなければ!ということで調べてみました。

正しいおもつがえ方法

出産前に購入した本【いちばんよくわかる育児】でその方法を調べてみました。

準備するものはおむつとおしりふき。我が家は紙おむつを使用しています。おむつがえのタイミングは授乳前。もしくはオムツの様子をチェックします。

  1. 紙おむつの「おしっこサイン」が出ているか
  2. おむつわきから指を入れてみる
  3. ふくらんで重そう

正しいおむつがえ手順

スポンサーリンク