子育てに神経質な旦那がうざい!育児に口出しする夫の特徴とうるさいときの対処法

耳を閉じる子供

子育てに無関心な夫に悩んでいるママさんは多く、たびたびメディアでも社会問題として取り上げられていますが、子育てに干渉しすぎる夫に悩んでいるママも多く存在しています。

イクメンということもできるでしょうが、子育てにあまりにも干渉しすぎる、間違った子育て参加をしている夫は子供を傷つけてしまう結果になることもあります。

今回は子育てに干渉しすぎる夫の特徴と対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

悪いところだけを執拗に注意をする

普段の子育てを見ていない夫が、休みの日や仕事から帰宅した時にたまたま子供が泣くところや、子供のわがままを叱っているところ、失敗したところだけをみて「そんな子育てはダメだ!」と否定し責めてくる夫に悩んでいる女性はとても多いです。

休日や夜なんて子育てのほんの一部でいつもそんなに怒っているわけではないと言っても言い訳しているとさらに責めてくる。そんな子育てに中途半端な干渉をしてくる夫に疲れていませんか?

男性目線からすれば、子供のためを思って一生懸命悪いところを指摘しているのかもしれませんね。そんな目についた悪いところだけを指摘してくる夫への対処法は「じゃあ貴方ならどうするの?」と聞いてみましょう。

怒りかたを注意してくるならどのように怒ればいいのか、泣いている子供のなだめかたを注意してくるなら子供の泣き止ませ方を夫に聞いてみましょう。

冷静な判断ができる旦那様なら、もっと違う対処法を提案してくれるかもしれませんよ。

イクメンを気取っている

イクメンという言葉が流行っている昨今、子供の世話をする夫は素敵だという風潮が流れています。

もちろん子育てをするなかで、夫が子育てに参加してくれるのは素晴しい事ですが、イクメンを気取る男性の中には「休日1時間だけ子供と遊んだ」「帰ってきて1冊だけ本を読んであげた」と、ほんの数時間子供を見ただけで調子に乗る男もいます。

スポンサーリンク