子供が全然眠ってくれない!ぐっすり寝かせる方法

眠る子供

子供は眠る時間になっても元気いっぱい!元気いっぱいなのは嬉しいけれど、親御さんからしてみれば毎日の家事で疲れているので休ませてほしい…というのも本音ですよね。

どうして子供が寝てくれないのかわからず、子供自体にあたってしまうお母さんも多いようです。今回はそんな元気なお子さんがぐっすり眠ってくれるように、とっておきの方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

赤ちゃん期は赤ちゃんの寝たい時に寝る

赤ちゃんは一日約10時間以上、それに加えて昼寝を繰り返します。生きていくために必要な体力を睡眠で補っていくのですが、赤ちゃんには大人のように「朝起きて夜に眠る」という生活サイクルがありません。

その為に赤ちゃんは自分が眠たいと思った時に寝て、安心できないと泣いてしまいます。赤ちゃんが眠らないのはお母さんやお父さんが悪いわけではなく、ただ単に「今は自分の眠る時間じゃない!」と思っているのです。大変ですが、赤ちゃんがちゃんと育っている証拠です。

運動不足、体力が有り余っている

もう少し大きくなってくると、今度は体力が有り余って眠ってくれなくなります。体力の有り余ったお子さんを寝かせる方法は、体力を使い切って疲れ切ってもらうに限ります!お子さんが遊び盛りの時には、一杯動いてもらいましょう。

お子さんに遊んでもらう時間は午前中がいいと思います。あまりに遅い時間に遊んでしまうと、今度は興奮で眠れなくなってしまいます。

眠る3時間前は眠る準備をさせてください。スマートフォンやテレビを眠る前に見てしまうと、ライトの影響で眠れなくなってしまうお子さんもいるので出来るだけ控えましょう。

朝の早起きが出来ていない

意外と多いのが「朝の早起きが出来ていない」お子さんです。夜更かししてしまうから朝が起きられない、と思っている方も多いかもしれませんが実は逆なのです。

朝が起きられないので、体内のサイクルが狂って夜に眠れなくなってしまうのです。朝起きられない子には様々な理由があります。

スポンサーリンク