寝返りが遅い?言葉が出ない?子供の発達が心配な時

心配そうなママ

赤ちゃんが生まれた時には健康に生まれてきてくれただけでいいと思ったはずですが、子育てをするうちにどうしても気になってしまうのが、その成長のスピードです。

他の人と比べることではないと思っていても、同じ月例の子供ができていることができないことを目の当たりにしてしまうと、どうしても心配な気持ちになってしまいます。

首がすわる、寝返りをする、ハイハイをする、つかまり立ちをする、歩き出すなど様々な成長がありますが、人より遅いというのはどうしても気になってしまうものです。そんな時にはどうしたらいいのか、子供の発達が心配な時に試したいことお教えします。

スポンサーリンク

定期健診

赤ちゃんには定期検診があり、検診では発達の具合を確認してくれます。発達が遅いなと感じているのならその時に相談をしてみましょう。相談をしなくても、もし専門家から見て心配とされる発達な場合には、適切な指導があるはずです。

そういう声がかからなかったということは、あなたのお子さんの発達には何も問題がないということなのです。

定期健診をきちんと受けていて、何も問題を指摘されていない場合には、その子なりのペースで成長しているということですので、あまり心配し過ぎずに見守っていきましょう。成長には個人差があり、遅くても劣っているということではないのです。

比べない

赤ちゃんの発達には個人差があります。早くできるようになったからといって優れているわけでも、遅いから劣っているわけでもありません。

発達の遅れが心配になる時というのは、多くが人と比べてしまっていることから起きるのです。赤ちゃんの発達は人と比べるものではありません。

まずは比べることを止めましょう。比べることを止めれば、目の前の子供が自分なりにきちんと成長しているということに気づくことができます。

スポンサーリンク