姑や実母に保育園はかわいそうと言われる…。そんなことありません!

保育園

小さいうちから保育園に預けることに対して「かわいそう」なんてことを言う人がいたり、保育園で育つと乱暴になるなんて話がまことしやかに語られていたり、保育園に預けることを決めるとこうした話は気にしないようにと思っても、耳に入ってきてしまい、気になってしまうものですよね。

本当に保育園に預けるということは子供にとってかわいそうなことなのでしょうか?そんなことはありません。

自分の決断に自信が持てるように、保育園が子供にとって素晴らしい場所なのだということをお教えします。自信を持って保育園に子供を預けてくださいね。

スポンサーリンク

三才児神話

保育園に預けるのがかわいそうだという人の根拠となっているのは『三才児神話』でしょう。これは昔に言われていたことであり、子供が三才になるまでは母親が子育てに専念すべきで、そうしないと子供に悪影響があるという考えのことです。

このことは10年前にはとっくに否定されているのですが、昔から言われてきていることですので、年配の方にはまだこのことを信じている人が多く、三才よりも前に保育園に預けると聞くと「かわいそう」と口に出さずにはいられないということが起こるのです。

「かわいそう」という人に対しては、その人の育児情報は更新されていないのだと気にすることなくスルーしましょう。

自宅ではできない経験

保育園に預けることでできるのが、自宅ではできない経験です。自宅で小さな子供と過ごすとどうしてもマンネリになってしまい、子供も飽きてしまうことがありますが、保育園では自宅ではできないような遊びができます。

同年代の子供たちと飽きずに遊ぶことができ、子供にとってもいい経験となります。自宅ではなかなかしづらい、絵の具を使った遊びや泥んこ遊びなど、自宅でやるには敬遠しがちな遊びをさせてくれるのも保育園の特徴です。

小さな時にそういった遊びをすることは、子供の心を育みます。保育園での経験は子供にとって宝物になりますよ。

昼寝、給食

保育園では集団の中で生活することになり、決められた時間通りに行動することになります。それは自宅では難しいことです。

スポンサーリンク