食べ物の好き嫌いが多い子供に!克服するための方法とは

野菜嫌いな女の子

子供に好き嫌いが多くなってくると、親としては心配になってしまいますよね。子供になるべく好き嫌いなく育ってほしいと思う人はたくさんいると思います。

嫌いな食べ物を食べてもらうためには、どのような事をした方がいいのか、好き嫌い克服の方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

なぜ子供は好き嫌いが多くなるの?

小さい子供は、大人に比べると好き嫌いが多いですよね。子供の味覚というのは、大人の2倍も敏感だといわれています。だからこそ、大人には感じることのできない苦みや酸味をキャッチしてしまうので、好き嫌いが多くなっていきます。

小さい頃に食べて嫌だと思ってしまった物は、大きくなってもなかなか挑戦することができない子供が多いです。小さい頃に苦手意識を持ってしまうとトラウマになってしまう可能性も高くなります。

だからこそ、嫌いな食べ物があるなら早いうちに克服させてしまった方がいいということなのです。

好き嫌い克服方法1.好きな食べ物と合わせる

好き嫌いの克服方法1つ目は、好きな食べ物と組み合わせるということです。例えば野菜嫌いな子供には、大好きなハンバーグの具に混ぜてあげたり、オムライスのご飯に混ぜたりすることによって味付けで野菜の味を消すことができます。

子供は、敏感に感じてしまう苦みや酸味に本能的に反応してしまうため、1度食べると苦手意識が出てしまい食べることができなくなってしまいます。この敏感に感じてしまっている苦みや酸味を消すためには、味付けを工夫するのが1番です。

特にハンバーグやオムライスは子供が大好きなケチャップを使っています。子供も警戒心泣く食べることができるので、苦手克服にはぴったりの食べ物なのです。なるべく素材本来の味が残らないような調理方法を心がけた方が良いでしょう。

好き嫌い克服方法2.ハードルを下げてあげる

子供の好き嫌いを克服するための方法の2つ目は、ハードルを下げてあげるということです。1度苦手意識を持ったものを食べるのは、本当に勇気がいります。大人になってからも苦手な物を食べろと言われても躊躇してしまいますよね。

スポンサーリンク