男の子を育てるのは未知の世界!男の子のママあるある

母と子

男の子を育てたことがない人にとって、どういう子育てになるのか想像つかない部分がありますよね。子育て経験がなくても、なんとなく女の子を育てるよりも男の子を育てる方が大変そうだと感じてしまう人も少なくないはずです。

今回は、男の子を育てているママに共通しているあるあるについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

男の子のママあるある1.小さな彼氏だと思っている

男のママあるあるといえば、子供が小さな彼氏だと思っているということです。特に小さいうちは、ママにべったりな男の子がほとんどで、そんな姿を愛らしく思うママは少なくないはずです。

べたべたと愛情表現をしてくる子供を見ると、自分にとって小さな彼氏に見えてきますよね。女の子の子供も可愛いですが、やっぱり男の子は自分の彼氏のように愛しく思えてくるお母さんがたくさんいます。

大きくなるにつれて反抗してきたり、思春期にはばばぁ呼ばわりされたりと、先のことを考えると本当に辛くなることが多いのも男の子ですが、小さいうちだけは本当に小さい彼氏のようで本当にかわいらしいですよね。

男の子のママあるある2.気づけば周りが男物だらけ

男の子を育てていると、男の子が好むものが増えてくるようになりますよね。自分が小さい頃は全く興味がなかった戦隊ものや乗り物など、男の子が好きになるような物がたくさん増えることになります。

男の子は自分が知っている情報をママに教えようと必死になってくるところも可愛いですよね。そして、そんなかわいい姿を見ているうちに次第に自分も詳しくなっていきます。子供が喜びそうだからと、知らないうちに子供が喜ぶ男物の小物が増えていくことになります。

女の子のいない家庭では、どうしても周りを見渡すと、男物だらけでかわいいものがほとんどないような生活になっていることに気づくはずです。そして子供が使わなくなった物を自分で使おうとして、自分自身の小物も戦隊ものに染まっていくケースも少なくないはずです。

男の子のママあるある3.美意識が高くなる

男の子を育てていると、美意識が高まっていくお母さんが多いはずです。女性は、生まれながらの女性ですから可愛いもの、美しいものを好みます。そしてそんなものに囲まれて過ごせるととても幸せを感じますよね。

スポンサーリンク