子供が1歳を過ぎたら知っておきたい卒乳の方法とタイミングについて!

授乳を見る子供

子供の卒乳の時期になると焦ったり悩んだりしてしまうお母さんは多いのでは?実際卒乳の時期には個人差があるので一丸にいつからという決まりはないと言えます。

とはいえ卒乳が遅れてしまうことは出来ることなら避けたいところですよね。そこで今回は卒乳の方法とタイミングについてご紹介します。

卒乳に焦りを感じているお母さんの役に立つ情報なので是非最後までお読みください。

スポンサーリンク

卒乳の時期には個人差が

卒乳を考え出す時期には個人差がありますが、最も多い意見が1歳〜1歳6ヶ月と言われています。次に多いのが6ヶ月〜11ヶ月、最も遅い意見では3歳以降という意見もあります。

こうしたことからも卒乳は人によって大きく差が出ることがわかりますね。

保育園に預ける場合と家にいる場合によっても事情は変わってくるので、そうしたことも卒乳の時期に差がある理由なのではないでしょうか。

ではそのタイミングとして、卒乳を考えるきっかけにはどのようなことがあるのでしょうか。

離乳食が始まり、完了するタイミングと卒乳の関係とは?

離乳食が始まるのは生後6ヶ月頃から、そして完了するのは1歳頃というのが一般的です。離乳食が始まり、食べる量が増えてくるとミルクを飲む量が減り始めます。

離乳食後半には寝かしつけ以外でミルクを飲まなくなったりもするので、そのタイミングで卒乳を考える方が多いと言えます。

その頃になると歯が生え始めるので、母乳の場合は噛まれると怪我をすることもあるので、歯が生え始めたら卒乳を考え出す方もいます。

スポンサーリンク