三歳児って実はすごい!成長に驚く生活習慣あれこれ

子供達

三歳ってまだ、ママやパパの後を追ってばかりで大変…だって生まれてからまだ三年しかたってないもの。色々なことをやらすにはまだ早い!なんて思っていませんか?

実は三歳児ってすごいんです。実はあんなことやこんなこと、しっかりできちゃいます。そんな、三歳児のあれこれを書いてみました。

スポンサーリンク

一人遊びから集団の遊びもできるようになります

今までは、ママやパパに絵本を読んでもらったり、おもちゃも遊び方を教えてもらって、それから一人で車のおもちゃで遊んだり、お人形で遊んだりと、お友達がいてもそれぞれ一人で遊ぶことが多かったと思います。

絵本もママやパパがいないと一人で見ます。しかし、三歳頃になると、他のお友達が気になり始めます。お友達の持ってるおもちゃも気になります。そうすると、自分から近付いて行って話しかけたり、隣に座って一緒に遊んだりするようになります。

どんなご飯を作っているの?ご飯のお手伝いに興味が出てきます

毎日食べているご飯も、ママやパパが作ってくれていることはちゃんと知っています。小さい頃は作ってくれているのを待って食べるだけでしたが、三歳頃になると、ママやパパがどんな風にご飯を作ってくれているのか気になって、台所に見に来たりするようになります。

そのうちに、お手伝いをしたがるかもしれません。その時は、時間に余裕があれば、危なくないお手伝いをゆっくりさせてあげることで、目でみて手で触れて、いいお勉強になります。

ご飯の後のお片付けもできちゃいます

一緒にお手伝いしたご飯は美味しいですよね。お子さんはご飯を作っていることだけを見ている訳ではありません。食後のママのお片付けもしっかり見ています。

ご飯を食べたらしっかり片付ける!この時期にちゃんと教えておけば、自分の食べた食器はちゃんと片付けてくれます。すごいねー、としっかり褒めてあげてくださいね。

スポンサーリンク