子供の成長に合わせたチャイルドシートをご紹介

チャイルドシートに座る男の子

小さな子供を車に乗せる際には、チャイルドシートの設置が義務付けられています。義務付けられているのは6歳までとなっていて、とても長い期間使用することになります。

様々なメーカーからチャイルドシートが発売されていますが、一体何を基準にして選んだらいいのか分からない方も多いと思います。そこで、子供の成長に合わせた、チャイルドシートをご紹介します。

スポンサーリンク

新生児~1歳頃まで

この時期の赤ちゃんは、体がまだとても小さいため、チャイルドシートではなく、ベビーシートを使用します。

ベビーシートはまだ首が座っていない赤ちゃんも使用することが出来るように、ベッドのようになっているのが特徴です。しかし、使用期間が短いので、適齢期を過ぎたら買い換えましょう。

1歳~4歳頃まで

この時期は、座って使用することが出来るチャイルドシートになります。比較的長い期間使用するので、購入する際は使いやすさと機能性などを見比べて、優秀な商品を選びましょう。

例えば、使いやすさで言えば、シートのパッド部分が取り外し可能で、洗濯することが出来て衛生的に良いものであることや、機能性としては、座席部分が回転させられ、ドアの方向に向けられることで子供を乗せやすいなどといった特徴があるものを選ぶのがおすすめです。

4歳以降

4歳以降になると、体もしっかりとしてきて大人と同じように椅子にもしっかり座ることが出来ますが、まだ身長が低いため、お尻を高くしてあげる必要があります。そのため、座席に敷くタイプのジュニアシートを使用します。

ジュニアシートの場合、体格が小さい子だと長くて10歳頃まで使用することもあります。

チャイルドシートを選ぶ時に重視したいポイント

まず、何よりも重視しなければならないポイントは、そのチャイルドシートが車に合っているかという事です。チャイルドシートを販売しているメーカーのホームページや、店頭などには、設置することが出来る車種が記載されている冊子があります。

購入したから、車に装着出来ないということにならないように、まずは適合車種かどうかをきちんとチェックしましょう。それから、チャイルドシートには、「ECE規則44号」という安全基準マークがあります。

スポンサーリンク