妊娠中って本当に魚はNG?食べてもいい魚を見分けよう!

魚料理

健康に良いとされる魚は、老若男女が日々食べたい食品です。それは、タンパク質やDHA、カルシウムやタウリン、EPAなど体を健康に保つ栄養成分が豊富に含まれているからです。

これらの成分は、特にダイエット中の女性や美容に気を使っている人、老化を防止したい人にとって必要不可欠です。

ですが、妊娠中の女性にはNGの魚があることをご存知でしたか?妊娠中の食事は、赤ちゃんも摂取できる栄養成分でなければいけません。

今回は、妊娠中に魚を食べてはいけない理由や、妊娠中に食べても良い魚の種類、体に影響のない摂取頻度を詳しくご紹介してます。

スポンサーリンク

メチル水銀に気をつけて!

魚には、メチル水銀という物質が含まれている可能性があります。魚が生息する水中には、火山活動や地殻へんどう、石油燃焼によって鉱物が循環します。

水銀の中でも人体に悪影響を及ぼすとされているのがメチル水銀で、口から消化管に吸収されると脳に蓄積し、市役所うがいや聴覚障害、運動障害など神経系障害が生じてしまう可能性があるのです。

最近は工業廃水の規制が厳しくなり、以前問題となった水俣病などの発生は確認されていません。基本的には、体内に取り込まれた水銀は自ら排除することができますが、妊娠中だと赤ちゃんの体に入ってしまう可能性があるので注意が必要なのです。

赤ちゃんは、体から排泄する機能がほぼないため、水銀が入ってきたらどんどん体内に蓄積されてしまいます。妊娠前だと胎盤が完成していないので母体で排泄することができますが、特に妊娠4ヶ月目から妊娠後期にかけて、水銀を含みやすい魚の摂取を控える必要があります。

注意しなければいけない魚とは

特に水銀が多く含まれていると言われている魚は、金目鯛やクロマグロ、マッコウクジラやツブ貝、メバチマグロやメカジキです。

スポンサーリンク