安心して授乳生活を送るための工夫とポイント!

授乳

妊娠出産が終わり次は授乳が始まります。赤ちゃんは毎日いろんなタイミングでおっぱいを欲しがります。赤ちゃんのためにもいろんな知識をつけましょう!

そして長い人生の中でたった1年ほどしかない授乳期間を楽しみましょう!

スポンサーリンク

授乳中に食べてはいけないものは何?

母乳は赤ちゃんにとって貴重な栄養であり、風邪の予防や様々な病気のリスクを減らしてくれるものです。大切な栄養を悪いものに変えてしまってはもったいないですよね。どんなものがいけないのでしょうか?

まずアルコール・カフェインはできるだけ避けるようにしましょう。アルコールは発育や脳に影響を及ぼす可能性があるので危険です。カフェイン赤ちゃんが摂取すると興奮して寝つきが悪くなったりするおそれがあります。

そして脂肪分の多い食事にも気をつけましょう。脂肪分の多い食べ物やにんにくなどの刺激臭のあるものは母乳の味を悪くしてしまい、赤ちゃんが嫌がることがあります。他にももち米は乳腺が詰まりやすい人は避けたほうがいいですよ。

授乳中はどんな食事方法がいいの?

母乳は元々血液からできています。そのため血液の質を上げるのにいい食事の方法を紹介します!一番に塩分の多く含まれる、脂肪の多く含まれるなど偏っている食事にならないようにすることです。主食・主菜・副菜・乳製品などをバランスよくとると血液の質が上がります。

そして授乳をすると母乳から水分をとられます。そのため脱水症状になりやすいので汁物などの水分を多くとれる食事にするといいですよ。塩分・脂肪分・水分のバランスが取りやすい和食がおすすめです。

どんな食材を使った食事がおすすめ?

母乳を出すことでお母さんの栄養が足りなくなってしまったり、脱水になってしまったりすることがあります。それを防ぐためにはどんな食材を食べればいいのかお教えします。

まず母乳の主成分である白米です。炭水化物が不足してしまうと低血糖になることもあるのでできるだけ毎食食べるようにしましょう。

スポンサーリンク