世界が注目!日本が誇る新生児の衣服短肌着

短肌着

赤ちゃんが生まれてはじめて身につける衣服として定番なのが短肌着、実はこの肌着は日本特有のデザインで海外にはなかったということを知っていましたか?

しかし、近年その利便性から世界でも注目され日本人としてとても誇りに思います。今回はそんな短肌着のお話です。

スポンサーリンク

短肌着とは?デザインは?

生まれてすぐ赤ちゃんが着るのが短肌着。出産を控えているプレママが用意するリストの中に必ず入っている、日本では定番の新生児のための衣服です。

半袖で丈は赤ちゃんの腰くらい、着物のように体の前で合わせ紐を結んで留めることができるデザインで、暑い時期はこれ1枚だけで過ごすことができます。また寒い時期は短肌着の上により丈の長い長肌着を着させることもあります。

短肌着はロンパースのように股のスナップボタンを留める必要がないのでオムツ替えが手軽にできるのがメリットです。新生児はオムツを頻繁に変えるのでママの手間も減ります。

また最近ではコンビ肌着というものも人気です。コンビ肌着も前結びデザインは同じですが足元が2つに分かれ股下をボタンで留めることができます。赤ちゃんが2〜3ヶ月になると足がバタバタ動きだしはだけるので、それを防ぐために便利な衣服です。

短肌着の素材やカラーは?

新生児のデリケートな肌のことを考え、素材にもこだわっているものが多いです。肌触りが気持ちいい綿100%やガーゼのものが主流で、吸収性も優れているので汗をたくさんかく赤ちゃんに最適です。

洗濯しても型崩れしにくいのでコスパ面でも助かります。また最近のナチュラル志向の波を受けてオーガニックコットンを使用しているものも豊富ですし、漂白や脱色をせず加工時にも化学薬品を使わない純オーガニック100%のものもあります。

カラーはホワイトや淡いブルーにピンクなどシンプルな無地が基本で、オーガニックコットンの場合は素材そのままの色を生かし、ナチュラルなベージュやきなり色などが多いです。コンビ肌着になるとカラーや柄のバリエーションが豊かで、より赤ちゃんらしい可愛いらしいデザインをみかけます。

短肌着その他の特徴は?

縫い目が外側になっているのもが多いのが特徴で、ブランドのタグや洗濯表示も外側ついているのが一般的です。赤ちゃんの肌はとても敏感なので縫い目のちょっとした刺激でもかゆみを引き起こしたり、少しの凹凸でも不快に感じ不機嫌になることがあります。

新生児のストレスを少しでも減らすよう、作り手の愛を感じる仕上がりになっています。

赤ちゃんへの着させ方は?

内側にも紐がついているので最初に結び、生地を合わせて外側の紐も結びます。短肌着は一番下に着るので肌に直接触れるそれこそ肌着になります。

スポンサーリンク