子供に健康的なシャンプーをするには?子供がシャンプーを嫌う理由

シャンプーする子供

お風呂は気持ち良くて大好きだけれど、シャンプーは何故か嫌い!シャンプーの時間になると何故か暴れまわってしまう…シャンプー嫌いが原因で最後には泣き出してしまう子もいます。

大人からしてみればどうしてそこまで嫌がるのかわかりません。そこで今回は「健康的なシャンプーをするには?シャンプー嫌いな子供に怖がらせないシャンプーの仕方」をご紹介します♪

スポンサーリンク

子供がシャンプーを嫌いな理由

子供がシャンプーを嫌いになってしまう理由はいくつかあります。どれも、過去にシャンプーをした際に「嫌だ!」と思ったポイントが嫌いになってしまう原因です。

例えば「シャンプーの最中に泡が目の中に入ってしまい目がとても痛くなったから嫌だ!」「いきなり上からお湯をかけられてビックリしてしまった」など恐怖を抱いているから、シャンプーを嫌いになってしまったのかもしれません。

また、シャンプーをしている最中、多くのお子さんは目を閉じています。自分が何をされているかわかっていない状態で髪の毛を弄られるのが怖い、という理由もあるそうです。

シャンプーも嫌いだけど「水」も嫌い!

シャンプー嫌いのお子さんは同時に「水」が怖いというケースもあります。水の中に顔を付けられない、目を開けられないお子さんは特にシャンプーを嫌がってしまいます。

水の中では息もできませんし、慣れていないとどうしても恐怖を覚えてしまうものです。特に最後に水で頭を流すのが嫌なせいで、シャンプーを嫌がっているのかもしれません。

そんな時にはシャンプーハットを使い、できるだけ顔に水がかからないようにしてあげましょう。そしてシャワーの水圧を調節して、少しずつ流していくと恐怖を与えずにシャンプーを終わらせることができます。

シャワーの音が嫌い!

そしてもう一つの原因が「シャワーの音」です。大人以上に子供の耳の近くで、独特の音が鳴るため子供はシャワーの音に恐怖してしまいます。そこでシャワーの音が苦手なお子さんには、話しかけながらシャンプーをしましょう。

スポンサーリンク