これも子供に対する親の愛?過保護すぎるママの特徴と対処法

過保護な母

子供のことが可愛いのはもちろんですが、あまりにも可愛すぎて過保護になっているママは多いのではないでしょうか?

過保護すぎるのは子供の自立を邪魔する、過干渉は子供に嫌われる原因になる。そんなことは分かっていてもやめられない!過保護すぎるとはわかっていても気になってしまう。そんなママの特徴と対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

子供をいつまでも赤ちゃんと同じような感覚で見ている

生まれた時から毎日見ている子供ですから、ママにとってはいつまでも子供のままという印象でしょうが、子供自身は毎日毎日少しずつ大人になっていっていきます。

一人では何もできなかった子供は、気が付けば一人で食事も着替えもトイレもお風呂も入れるようになって、親が知らない人間関係や友人関係を築いている。そんな子供の目まぐるしい成長に対して、ママのほうがついていけてないのではないでしょうか?

ママがいなければ何もできないのではないだろうか?ママがやってあげなかったら失敗をするのではないだろうか?そんな思いから思わず過保護になってしまうのです。しかし、それではいつまでたっても子供は成長しません。

ある程度の年齢になったら一人で何でもできるようになりますし、させてあげるべきなのです。親の過度な干渉、過保護は子供にも悪影響を及ぼしますので、いつまでも赤ちゃんのように何でもしてあげるのではなく、少しずつ一人で出来るようにサポートしてあげるようにしましょう。

子供を信じられていない

子供に対して以上に過保護の人は、子供を信じていないという解釈もできます。子供を信じていれば、必要以上に心配になったり、必要以上に縛り付けたり、必要以上に子供の友人関係などに首を突っ込み干渉しようとしないはずです。

自分の知らないところで子供が何かをしたらどうしよう?何か問題を起こしたらどうしよう?危ないところにいったらどうしよう?そんな思いから子供に対して過保護になってしまいます。

スポンサーリンク