親の上手な聞き方教えます!子供の悩みを聞く姿勢と対処法

子供の悩みを聞く親

皆様はお子様の話を普段からしっかりと聞いてあげていますか?どうせくだらない話だから、意味のない話だからと聞き流しているママもいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、子供の話を聞き流していると真剣な悩みを聞き逃したり、子供に誰も話を聞いてくれないという思いを芽生えさせて殻に引き込もらせてしまうかもしれません。今回は子供の話を聞く姿勢と対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

子供の悩みは大人にとっては取るに足らないことが多い

「○○ちゃんのこんな発言がイヤだった」「勉強ができなかった」「先生に怒られた」「体育の授業で負けた」そんな、悩みを聞いても大人からすれば「そんなに大した悩みではない」と思ってしまうかもしれません。

しかし、子供からすればそのような悩みは大変重要なことで、この悩みが解決しないと生きていけないと感じているほど重要なことかもしれませんよ。

大人は社会に出ているため様々なところに目を向けることもできますし、人生経験を積んでいるので少々のことなら気持ちを切り替える方法もわかります。しかし、子供にとっては自分が生きる世界はほんの小さな世界です。

そんな小さな世界の中で大部分を占める学校での問題を、自分の心のよりどころである家族に話してもまともに聞いてくれないとなれば、子供はこの悩みや絶望感をどうすればいいのか、わからなくなってしまいますよね。

そんな子供の心理を考えて、子供が悩みを打ち明けた時や何となく話した言葉を聞き逃すことなく正面から真剣に話を聞いてあげましょう。そうすれば、子供はママに対して信頼を寄せてくれるだけではなく、安心してくれるはずです。子供の精神安定のためにも、ぜひ子供の悩みを真剣に聞いてあげましょう。

子供はアドバイスを求めていない

子供が悩みを相談するときには二通りあります。ママにアドバイスを求めている場合と、アドバイスではなくただ話を聞いてほしいと思っている場合です。ただ話を聞いてほしいと思っている場合なら、ママからのアドバイスは正直うっとうしいと思ってしまうかもしれませんね。

しかも、大人のアドバイスはとても合理的なものが多いので「○○したらいいじゃん」「○○すればいいだけの話じゃないの?」と簡単に片づけてしまいがちですよね。しかし、子供からすればそのような簡単に片づけられるような話ではないからこそ悩んでいるのです。

スポンサーリンク