授乳期に気を付けたい風邪…。対策と対処法

風邪を引く女

出産を終えてから休む暇もなく始まる育児の日々。夜泣きや授乳や慣れないオムツ替えとゆっくり休む暇も息をつく暇もない。そんなときに気をつけたいのが風邪ですよね。

風邪をひいてしまったら薬を飲むこともできませんし、完全母乳で育てている場合は、赤ちゃんにとっても死活問題となってきます。

免疫力が下がっている時だからこそ、しっかりと対策をして赤ちゃんにしっかりと栄養をあたえてあげられるように風邪対策をしましょう。

スポンサーリンク

しっかり食べる

産後に体重計に乗って、思ったよりも減っていないことに顔面蒼白となった!そんなママも多いでしょうが、体重を気にして無理なダイエットを始めるのは絶対にやめましょう。

というのも、出産直後は体も疲弊していますし体力も免疫力も落ちている状態です。そんなときに体重のことを気にしてご飯を食べない生活をしたら、ママの体力も持ちませんし、母乳が出なくなることで子供にとっても悪いことしかありません。

出産後にダイエットをする場合は食べないダイエットをするのではなく、栄養バランスの取れたものを食べたり、カロリー計算をしながら食べるようにして食べながら健康的に痩せる方法をとるようにしましょう。決して食べないダイエットだけはしないように気をつけてくださいね。

できる限り寝る

新生児の授乳は夜中でも構わずに行わないといけません。そのため新生児を育てるママは慢性的な不眠症に陥ってしまいがちですよね。

授乳を誰かに代わってもらってゆっくり寝たい。そうは思っても完全母乳の場合は、どうしても誰かに授乳を変わってもらうことはできませんよね。そんな慢性的な睡眠不足から、体調を崩してしまうママも珍しくはありません。

スポンサーリンク