専業主夫ってどうなの?専業主夫の現実

親子

ママが働いてパパが家庭に入って育児から家事までを行う、専業主夫という選択肢を選ぶ人が増えてきていますが、専業主夫を行うには少々大変だと感じることもあるのではないでしょうか?

周囲の目も気になりますし、本当に家事や育児を行うだけのスキルが夫にあるのか?という問題も出てくるでしょう。さらにママが働きパパが家庭に入るという家庭環境は果たして子供にとっていいのか?という不安もありますよね。

そこで今回は、専業主夫の現実を見ていきましょう。ママの方が給料面がいい、ママの方が仕事をやりたがっているという夫婦ならぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ママ友の中に入っていけない

育児をしているとどうしても子供同士が集まる場所に親が顔を出すことになりますが、その際に行くのはパパということになります。

もちろん、ほかの家庭はママが子育てを行っているところがほとんどでしょうから、女性がたくさん集まる中に一人だけ男性という気まずい状況に陥ることも珍しくはありません。

女性特有の話や、女性ならではの話、さらに旦那様の愚痴や男性への不満もママ達の間では会話にあがります。そのような話に入っていけるのか?またはママ達はそのような話に男性を果たして入れてくれるのか?

別にママ達の会話に入る必要はないだろうと思われるかもしれませんが、公園に行ったときに子供がそのグループの子供たちと遊んでいる場合は、当然そのママ達の中に入るしかありませんよね。

そのママ友グループの中に入れないからと遊びたがっている子供を引き離すのもかわいそうです。そんなママ友たちといかに接して、いかに会話を乗り切るのか、そこが専業主夫には求められてきます。

好機の目にさらされる

専業主夫は増えてきてはいますが、それでもまだまだ珍しくママ友の中でも「○○君のパパは専業主夫なんだって」と、話題になります。そんな物珍しさから、しばしば好機の目にさらされることもあります。

スポンサーリンク