夜間のみ咳をする!?赤ちゃんが夜間に咳をする原因と対処法

咳をする赤ちゃん

昼間は咳をしないのに、夜間寝かしつけてから子供が突然咳をすることってありませんか?スヤスヤと寝ている赤ちゃんが咳をすると可哀想でなりませんよね・・・。

なぜ夜間のみ咳が出るのか!?その原因とすぐに出来る対処法について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

夜間に咳が出る原因

「副交感神経」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?活動することが多い日中は交感神経が働くため副交感神経の働きは抑えられていますが、夜間になると今度は交感神経の働きが抑えられ、副交感神経が働き始めます。

その時に副交感神経の働きで気管支の緊張がほぐれることから、昼間よりも夜間の方が咳が出やすいと言われています。しかし、夜間に咳が出るのは副交感神経が原因だから大丈夫!というわけではないので注意が必要です。

肺炎や細気管支炎、喘息、副鼻腔炎など、原因はさまざまであるため異変を感じたらなるべく早く病院を受診することが必要です。

咳をした時の対処法

咽頭への負担を考え、ぬるま湯を飲ませて咽頭を潤すことが大切です。咳をすると、咽頭がイガイガして不快感を伴います。

それを緩和させるために潤すのですが、ここで大切なのが「ぬるま湯」であるということ。冷たい水は体温を低下させてしまい、ジュースであれば虫歯の原因になります。

熱い湯であればすぐに飲むことができず、火傷の原因にもなりかねません。そうなると、やはりぬるま湯が一番適していると言えます。しかし、咳をしても子供が起きない場合は無理に起こさず、起きた時に飲ませてあげましょう。

スポンサーリンク