意外と知らない?赤ちゃんに食べさせてはいけない食材

赤ちゃんとスプーン

一般的に、生後5~6か月の赤ちゃんは「離乳食」を始めます。この頃の赤ちゃんは母乳やミルクを卒業して、固形物を自分の力でかみ砕いて食べる食事の練習をします。

その際、赤ちゃんが食べてはいけないものがあるのをご存知でしょうか?赤ちゃんが食べてはいけないものをうっかり食べさせてしまってからでは手遅れになってしまう可能性もあります。

今回は「赤ちゃんに食べさせてはいけない食材」をまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アレルギー反応の出やすい食材

もしも、赤ちゃんにアレルギーがあった場合少量でも症状が出てしまう可能性があります。大人のように体の免疫力もない赤ちゃんにとって、アレルギー反応は非常に注意が必要です。

特に「そば」や「甲殻類」、「落花生」三大アレルゲンと呼ばれる「卵」「乳製品」「小麦」等には気を付けてください。基本的にアレルギーのある食材は離乳食の時期に食べさせてはいけません。

その後、自分の力で一般的な食事ができるようになってから、調子の良い時に少しずつ食べさせるようにしましょう。もしも、アレルギーの症状が出てしまった場合には速やかに病院へ行ってください。

窒息の恐れのある物

「もち」や「たこ」「いか」「こんにゃくゼリー」など、子供の口の中で噛み切れず、大きなままで飲み込んでしまう可能性のある食材は食べさせない方が良いでしょう。特に、お正月のシーズンで食べる機会の多い「もち」は子供が窒息してしまう最も多い原因です。

もちは3歳を過ぎてから、すり潰した状態であげるのが良いとされています。それ以外にも、喉に張り付いてしまう「海苔」やお菓子の「ウエハース」「おせんべい」なども水分を取らせながらあげましょう。

食中毒の恐れのある物

赤ちゃんの体は免疫力が無く、菌に対して弱いため「生物(魚介、肉)」や「貝類」そして「蜂蜜」をあげてはいけません。

特に蜂蜜の中には「ボツリヌス菌」と呼ばれる土壌菌が全体の5%から10%に含まれている可能性があります。

スポンサーリンク