知っておきたい!ベビー服のサイズは大きい方が良い?

赤ちゃんとベビー服

赤ちゃんには可愛い洋服を沢山着せてあげたいものです。今では、ベビー服もおしゃれな物が揃っていてお母さんの方が目移りしてしまいますよね。しかし赤ちゃんは成長が早く、どの時期にどんな洋服を準備すべきなのかわからない、と言う方も多いと思います。

そこで今回は、赤ちゃんの成長に合わせてどの時期にどれくらいの大きさを推奨しているかをご紹介したいと思います!赤ちゃんには個人差があるため、大きさはあくまで目安として参考にしてください。

スポンサーリンク

新生児のベビー服

まず、新生児は「50~70」のサイズのベビー服を選びましょう。まずは赤ちゃんの体格に合わせて50cmの洋服を準備しておくとよいと思います。しかし、赤ちゃんは生後3か月を過ぎると急に成長するため、目安としては生後三か月までの洋服と考えておくとよいと思います。

始めから70cmの物を買ってしまうと「少し大きかったかも?」と思うこともありますが、大きいサイズの物はその後に切ることができるため取っておいてください。種類としては袖が短く、汗を吸水してくれる「短肌着」やおむつ替えが楽な「長肌着」などがメジャーなベビー服です。

生後三か月からのベビー服

生後三か月の赤ちゃんには大体「70~80」のサイズのベビー服を選んでみましょう。この頃になると、赤ちゃんの体も大きくなってくるため、サイズの合ったベビー服が好まれます。

6か月までは70~80サイズが主流となりますが、赤ちゃんの個人差によってはもう少し大きい方がゆったりと着られているという場合もあります。

また、赤ちゃんの肌は外的な刺激に弱く、すぐに炎症や湿疹ができてしまいます。そんな赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、できるだけ「縫い目が外側にあるベビー服」を選びましょう。

生後6か月からのベビー服

この頃になると、上下が分かれた洋服を着られるようになります。シャツやズボンと言ったバリエーションが増える為、おしゃれなベビー服を楽しめそうです。この頃のよく着用されている洋服のサイズは「70~80」ですが、お店によっては同じ70の服でも大きかったり小さかったりと差が生まれてしまいます。

スポンサーリンク