小学校入学前に学習習慣を身に付けるには?

勉強する子供

小学校に入学するとこれまで自由に過ごしていた園生活とは違い、決まった時間に授業を受けるようになり、家庭でも宿題をするようになります。小学校に入学するまでに学習習慣が身についていると、小学校生活をスムーズにスタートできるようになります。

でも、これまでそんな習慣がなかった子供に、学習習慣を身に付けさせるためにはどうしたらいいのでしょうか。小学校入学に向けて、子供に学習する習慣を身に付ける方法をお教えします。小学校入学は親も子も不安なものです。学習習慣を身に付け、不安を一つ減らし楽しい小学校生活を送りましょう。

スポンサーリンク

学習スペースを作る

まずは子供のための学習スペースを作りましょう。低学年のうちは特に親が勉強を教える機会も多くありますので、リビングに学習できるスペースがあると、リビング学習ができてオススメです。

自分のための学習スペースがあると、子供もやる気が出て自然と学習意欲が湧いてきます。自分のための学習スペースは小学校入学後、宿題をスムーズに進めていくためにも必要となってきます。

小学校入学を控えた時期から用意してあげることで、子供のやる気を高めて学習習慣をつける第一歩としましょう。

一緒に勉強する

子供に対しては「勉強しなさい」と口うるさく何度も言うよりも、一度手本を見せる方が有効です。特に
まだ勉強をしたこともない、就学前の子供に対しては一緒にやるように誘導するといいでしょう。

親も何か紙に記入するようなものを、子供と並んでやるようにしましょう。同じ内容のドリルをやるのもいいかもしれません。子供にやらせるためには、自分もやる姿勢を見せることで勉強の意欲を促しましょう。

親と一緒に何かをするというのは、子供にとっても嬉しいことなので、勉強を嫌なことだと思わずに始めることができますよ。

子供のやる気を出す

学習習慣をつけるためには、子供のやる気を引き出してあげることが重要です。学習ができたらたくさん褒めてあげたり、シールを貼らせるようにするなどの工夫をしたりして、子供のやる気を引き出してあげましょう。

スポンサーリンク