おねしょってどうやったら治るの?おねしょ対策について

おねしょ

おむつは外れたのにいつまでたってもおねしょが治らない。おねしょが続くと子供自身も傷ついていますし、おねしょされた布団の処理にママも困ってしまいます。

つい、叱って治ることではないと分かっていても、「またしたの?!」と強く言ってしまい自己嫌悪に陥るなんてことも…。

膀胱の成長はかなり個人差があり、ただ成長を待つしかないという部分もあるのですが、子供のおねしょに悩んだ時に試してみたいおねしょ対策お教えします。おねしょはいつか終わります。広い心で受け止めてあげましょう。

スポンサーリンク

寝る前の水分を控えめに

おねしょは寝ている間に膀胱におしっこがためておけないために起こります。これは子供の膀胱がまだ小さく成長していないということもありますが、水分の摂取量が多いことでも起こります。そのため夜寝る前に摂る水分を控えめにすることで、おねしょをしなくなるということがあります。

お風呂上りには喉が渇くことが多く、水分をがぶがぶと摂り過ぎていませんか?まずは、そこを見直し夜間の水分を控えめにすることから始めてみましょう。

身体の中の水分が減ることになるので、おしっこの原料が減ることに、おねしょが改善されるかもしれませんよ。

寝る前におしっこ

子供が眠くなったらチャンス!今のうちにさっさと寝かせてしまおう!とトイレに行かせず眠ってしまうことってありますよね。

子供が寝そうなタイミングを逃してしまうと、寝かしつけに苦労してしまいますし、子供が早く寝ると夜の自由な時間が増えますから、ついついそうなってしまう気持ちも分かります。しかし、おねしょで悩んでいる時には、寝る前にトイレに行きおしっこを済ませることを習慣づけましょう。

子供がおしっこでないと言ってもとりあえずトイレに座ることが肝心です。寝る前のおしっこをきっちりと習慣づけ、膀胱を空っぽにしてから寝るようにしましょう。

スキンシップをたっぷり

以前はおねしょをしなかったのに最近するようになったという場合には、少し精神状態が不安定なことが考えられます。

スポンサーリンク