幼稚園や保育園の先生とコミュニケーションとれてる?親と先生との関係

幼稚園の先生

保育園や幼稚園に通うようになると園ではどんな生活をしているのかな?ということは大変気になりますよね。子供に聞いても子供の話はよく分からないことも多く、そんな時に力になってくれるのが園の先生です。

園の先生は子供の様子をよく見てくれていて、その様子を伝えてくれます。園で何か困ったことがあった時にも、園の先生と普段からコミュニケーションが取れているとスムーズな連携がとれ、解決も素早くなります。

園に通うようになったら、園の先生とはコミュニケーションをとっていきましょう!

スポンサーリンク

挨拶を欠かさない

園で先生と普段会うのは送り迎えの時間です。しかし、送り迎えの時間は他の保護者や子供たちも多くいる時間なので、長々と話すことはできません。そんな時でも挨拶だけは欠かさないようにしましょう。

元気な挨拶はとても印象がいいものです。話す時間がなくても挨拶を欠かさないだけで、感じのいい保護者と思われます。先生の親への印象によって子供への対応が変わるということはありませんが、印象はいい方がいいものです。

特に朝は親も忙しいことが多いですが、挨拶だけは欠かさないようにすることを心がけましょう。子供にとっても挨拶をする姿を見せるのはとてもいいことです。

気になることはすぐ伝える

園でのことで気になることがあった時には、すぐに伝えるようにしましょう。小さなことであっても伝えることで、大きな問題になるのを防ぐことができます。

こんな小さなことを伝えて、うるさい保護者だと思われないかなと悩んでしまうこともあるかとは思いますが、先生にとっても問題は小さなうちに把握しておくほうがありがたいものなのです。

スポンサーリンク