旦那との価値観の違い…休日や親戚付き合いの考え方

にらみ合う夫婦

相思相愛で結婚したパートナーである旦那様。長年お付き合いをして結婚した方、短期間でゴールインした方、妊娠がきっかけで結婚した方、様々な経緯があるかと思いますが、家族となった今、価値観の違いで行き場のない不満に悩まされることってありませんか。

そこで今回は旦那との価値観の違いについて一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

休日の過ごし方

アウトドア、インドア、まずこの2つに分類されます。さらに、休日だから遊ぶ、休日だから休む、この2つにも分類されます。困ったことに、「休日は家族全員の休日だ」という考え方と、「休日は自分の休日だ」という考え方があるでしょう。

結婚をして家族として一緒に暮らす中で、休日の過ごし方は大きな課題だと思います。我が家では、「休日は家族の休日」であり、遊ぶ日も休む日も作ることをルールとしています。

週2日の休日があった場合、1日はお出かけをして、1日はゆっくりできるように予定を組みます。旅行に行って2日間たっぷり遊んだのであれば、次の週は朝ゆっくり起きて散歩や買い出しをする日にします。

子供がいますので、1日中寝るなんてことはできませんが、1日のうち、午前中私がゆっくりしたならば、午後からは交代すること。1週間朝から夜まで働いた旦那様ですが、私だって1週間朝から夜まで休んでいるわけではないことを理解してくれています。

個人的な休日のゴルフや友達との集まりがあるのであれば、その分はツケとすること!休日の為に日々頑張っているといっても過言では無いので、「お互い様」を意識して過ごしましょう。

亭主関白とかかあ天下

私は、かかあ天下の家庭で育ちました。半面、主人は亭主関白の家庭で育ちました。この価値観、いくら話し合っても折り合いません。

例えば、家族にとってママが笑顔でることが子供の安心であり円満な家庭を築く秘訣なんじゃないの?という言い分に対して、じゃあ俺は笑顔じゃなくていいのか、母親の笑顔の為に父親が我慢するなんておかしい。と言います。

スポンサーリンク