歯が生えてきたら気を付けて!どう予防する?赤ちゃんの虫歯対策

赤ちゃんの歯

赤ちゃんは生まれたときにはもちろん、歯なんて生えていません。でも、半年くらいから少しずつ歯が生えてきます。小さな頃からの虫歯対策はとても大切です。

少しでも歯が見え始めたら歯磨きの始まりなのです。ほんの少しでも歯茎から白い歯が見えたら歯磨きを始めてください。そんな歯磨きの大切さと虫歯対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

六ヶ月頃からゴムの歯ブラシでカミカミ

赤ちゃんは、六ヶ月前後から歯が生え始めます。初めは見落としてしまいそうなくらい、小さな小さな歯が出てきます。そうしたら、歯磨きの始まりです。最初は歯ブラシで歯磨きというよりは、ゴムの歯ブラシで噛む練習をすることから始めます。

ゴシゴシではなくカミカミの練習です。初めて歯ブラシを口に入れていきなり上手にカミカミてまきる赤ちゃんは少ないかもしれません。始めは自分の好きなように、ヨダレまみれで楽しくカミカミてまきれば上出来なのです。

始めから無理にゴシゴシしてしまうと、歯磨きが楽しくないこととして覚えてしまうので、焦らずカミカミを見守ってあげることを気を付けてくださいね。

徐々に歯ブラシへ

そして、さらに少しずつ歯が生え始め、ゴムの歯ブラシに慣れてカミカミが上手になってきたらステップアップです。次は毛先がちゃんとブラシになっている、赤ちゃんの口にも入りやすい小さな歯ブラシに替えてあげます。

この歯ブラシに変えた時も、ゴムの歯ブラシとは感触が違うので、初めは違和感で変な顔をするかもしれません。何でも初めては探り探りなので、上手に口に入れることができれば誉めてあげてください。

そして、赤ちゃんが気がすむまでカミカミした後に、次はママも手伝ってあげるねと、仕上げ磨きを必ずしてあげてください。

フッ素入りの歯磨き粉を使う

歯ブラシで歯磨きに慣れてきたら、今度はフッ素入りの歯みがき粉をつけて磨く練習をしましょう。つけるのはほんの少しで大丈夫です。

スポンサーリンク