端午の節句!誰が兜飾りを買うの?お祝いの金額は?

兜飾り

子どものお祝い事は色々ありますが、その中に節句があります。女の子は3月3日にひな祭り。男の子は5月5日に端午の節句がありますね。

我が家は子どもが2人いて両方とも男の子のため、こどもの日である5月5日に端午の節句のお祝いをしています。端午の節句は外には鯉のぼり、室内には兜飾りを飾るかと思います。

お恥ずかしいですが、私は長男の初節句を迎える時に誰が兜飾りを買うのか、お祝い金はいくらが相場か…などはじめて知りました。

お祝い事のマナーなどって、なかなか知る機会がなかったりしますよね。そこで今回は、兜飾りは誰が買うのか。お祝い金はいくらが相場かを、我が家の体験談も一緒に紹介します。

スポンサーリンク

兜飾りは誰が買うのか?

本来兜飾りは、嫁いだ側の実家から贈られるものだそうです。お嫁さんの親が買って、嫁いだ家に贈る…ということですね。

昔は結婚すると女性が男性側の家に入ること(親と同居)が多く、女性側の親は簡単に娘や孫に会うことが出来ませんでした。そのため女性側の親は、祝い事がある時にお祝いの品を持参して会いに行っていたそうです。お祝いの品を渡すのが会うためのキッカケということですね。

しかし近年は、嫁いだ家の両親と同居も少なくなってきましたし、先ほどのしきたりも薄れ、双方の親が平等にお祝いをするようになってきました。

また、関東圏は旦那側の実家が、関西圏は嫁側の実家で兜飾りを用意する風習もあるそうです。最近は

  • 双方の親同士で折半して購入
  • 男性側の親が購入
  • 女性側の親が購入
  • 自分たちで購入

と、購入する方法も分かれてきています。我が家は主人側の家がかなり近いですし、関わりも多いので主人の両親に購入して頂きました。

ただ、実際にお店に足を運んで品物を選んで購入したのは自分たちです。実際に飾る場所や収納スペースに制限がありますし、やっぱり自分たちが気に入ったものを購入したかったからです。

スポンサーリンク