いつから?むせるし嫌がるし噛む!?赤ちゃんへのストローの教え方やおすすめのストローマグ

ストローマグを飲む赤ちゃん

赤ちゃんのストローマグはいつ頃から使うものなのでしょうか?最初は上手に吸えなかったり、逆にむせてしまったり、噛んでしまってうまく使えない場合があります。

どうやって練習しよう…と悩むママやパパは多いのではないでしょうか。今回はストローマグの教え方や利便性などについてまとめてみます。

スポンサーリンク

いつごろから始められる?

離乳食がはじまる頃になると、赤ちゃんは次第に母乳やミルク以外の水分補給が必要になってきます。麦茶や水をどうやって飲めばよいのでしょうか?いきなりコップで飲むのはハードルが高いですし、コップにストローをさしてもストローが動いてしまってうまく飲めないでしょう。

そんな時に便利なのがストローマグです。赤ちゃんが自分で飲めるように持ち手がついていて、赤ちゃんの口にあったやわらかいストローがついています。逆さにしてもこぼれないですし持ち運びにも便利です。ストローマグは6か月ごろからはじめられますが、コンビでは9カ月~、ピジョンでは8か月~を推奨しています。

どうやって練習するの?

ストローマグを使って水分補給をさせたいと言っても、赤ちゃんはいきなり飲めるわけではありません。最初は何をするものなのかもわからず、噛んでしまうのではないでしょうか。

ストローから液体が入ってくるんだということを教えるためには、ママやパパが実際に吸ってみせて、ストローの色が変わるのを見せてあげたり、赤ちゃん用の紙パックの麦茶などで練習してみましょう。

紙パックはママが持ってストローを赤ちゃんにくわえさせてあげましょう。パックをちょっと押してあげれば麦茶が口の中に入ってきますから、ストローから飲み物が出てくる感覚をつかむことができ、ストローは飲み物を飲むものなんだということがわかってきます。

うまく飲めない原因

ストローの場合は、母乳や哺乳瓶と違って少し吸い続けないと液体が口に入ってこないので、途中であきらめてしまったり、逆に吸う力が強すぎて一気に飲んでしまいむせてしまうこともあるでしょう。

吸い方の加減がわからずうまく飲めないのです。繰り返し練習するうちにできるようになりますし、個人差があるのでママは焦らずに赤ちゃんのペースで進めてあげてくださいね。だいたい1歳になるころには使えるようになっています。

ストローマグの選び方

ストローマグを選ぶ時のポイントを押さえておきましょう。赤ちゃんに合った容量、ストローの太さ、軽さ、持ち手の形状などの他に、ママ目線では洗いやすいさ、こぼれにくさ、替えの部品の有無などがあげられます。

赤ちゃんが飲めるようになると毎日使うものになりますから、洗いやすいさなどは重要です。ストローブラシも合わせて購入しておきましょう。

スポンサーリンク