どういう人がなりやすい?症状は?想像妊娠という病気の基礎知識

鏡を見る女

妊娠を望む女性にとっては、毎月の生理予定日が近くなったり、少し生理開始日が遅れるとソワソワし、妊娠超初期症状だと勘違いして妊娠検査薬を使ってしまう人は多くいます。

でも、実際には生理が来てホッとしたり、がっかりしたり、気持ちが安定しませんよね。そんな時、生理が遅れるとふと想像妊娠も疑いませんか?

想像妊娠とは、実際には妊娠していないのに妊娠の症状が見られる心身症状のことで、精神状態が肉体への変化として現れ、偽妊娠とも呼ばれています。

大半の場合が、神経質な生活の人が発症している病気なのです。実際に帝王切開を行った人もいる想像妊娠とは、一体どんなものなのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

想像妊娠の症状は?

想像妊娠の症状には。妊娠時に見られる症状とほとんど同じものが見られます。ひとつは月経停止、もしくは不正出血のような少量の月経。そして子宮内膜が増加することによって起こるつわり。他にも、胎動を感じたり、腹部が膨張したりと、まるで本当に妊娠をしているかのように感じてしまいます。

実際には、月経は精神的な負荷によって月経不順や無月経が起こり、ホルモンバランスが崩れることによってつわりが起こり、ホルモンバランスが崩れて皮下脂肪が増加したり、便秘になることによって腹部に膨張が見られるのです。

本来であれば、妊娠すると子宮内に胎児がおり、血液中のHCGが上昇します。つまり、エコーをとれば想像妊娠か、妊娠かわかるのです。

想像妊娠しやすい人とは?

想像妊娠は、あくまでも想像での妊娠で、この病気になりやすい人は妊娠に強い興味を持っている神経質な女性です。想像妊娠には、不安型と願望型の2種類があります。

絶対に妊娠したくないという不安から、妊娠症状に敏感になってしまう「不安型」とお、妊娠を周りにいる人が強く希望しているためにストレスを感じ、ホルモンに影響を与えて妊娠の症状が出てしまう「願望型」があり、どちらも精神的なストレスが原因になってしまいます。

実際に、熱狂的に愛している俳優との子供を想像妊娠した人や、奥さんが妊娠した後に旦那さんもつられて想像妊娠したという事例があります。心の病は、やがて体の異変へつなぎますが、ありえないことも起きてしまうのですね。

想像妊娠の治療法とは?

想像妊娠はれっきとした病気で、その病気を長く、繰り返してしまうと精神的に立ち直れなくなり、本来望んでいる妊娠ができなくなってしまう可能性があります。

スポンサーリンク