子供への愛情不足は目の前にある!6つのサイン&解消法

子供とハート

パパもママも気づかないうちに子供への愛情不足になっていることが多いということを知っていますか?顕著に愛情不足がわかる事例は、育児放棄や虐待、過干渉や子供への依存です。

自分の意見を全て子供に押し付けたり、友達と遊びたい方と育児をしないことが主に20代のパパ、ママに多いことがわかっています。それは、悪気はなくても、子供が受け止められない愛情であるとストレスや不安につながります。

子供にとって必要な愛情が足りないと、身体的にも精神的にも悪影響を及ぼし、将来に弊害が生じてしまう可能性があります。

愛情は形に見えないものですが、それが足りないと子供から何らかの言動でサインを出し始めます。愛情を感じていると思っていても、このサインを覚えておいて損はないので詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

愛情不足から起こりうる弊害

愛情不足の中で育った子供は、大人になっても人への接し方がわからなかったり、人を怒ったり、叩いたりしなければ感情をコントロールできなかったり、感謝ができなかったり、人の気持ちに気付かない人になってしまう可能性があります。

心にストレスを抱えて育つと、安心して眠ることができないために成長ホルモンが分泌されず、愛情遮断症候群になってしまう可能性があります。これには、食事を与えられない身体的ストレスによっても発症します。

また、親からの過剰な期待を背負って育った子供は、いい子症候群になってしまう可能性があります。自分の気持ちを親に伝えられないことから、家だけでいい子にしていても、外に出るともう一つの顔が現れるうつ病のような病気です。

スポンサーリンク