子育てしながら働くならテレワークがオススメ!その働き方とは?

子育てしながら仕事するママ

最近、働くママが増えてきているのをご存知でしょうか?今までは、働いていたら朝から晩まで、きっちり1日8時間は拘束されて自由な時間があまりないから、結婚して妊娠したら仕事を辞めるという人が多かったかと思います。

ですが、ワークスタイルが日本全体でだんだんと改革され、今までのような「長時間労働こそが正義」という時代は終わり、「効率的に時間短縮でいつも通りの給料を」という質を重視した働き方が多くの企業で取り入れられるようになったのです。それは、働く世代が少なくなっているからです。

今までのように男性が頑張ればなんとかなる時代ではなく、それは家計にも当てはまります。もしかすると、将来の貯金が0円になってしまう可能性もこの時代には潜んでいるのです。

スポンサーリンク

テレワークって何?

近年になって、国がテレワークという言葉を頻繁に使うようになりました。テレワークとは、「テレ=離れた場所で」「ワーク=仕事をする」という意味です。

ついテレアポを想像してしまいますが、出張などもテレワークの1つです。この働き方は、時間にとらわれずに、自分の好きな場所で働けるという解釈をすることもでき、多くの企業がこの働き方を取り入れています。

たとえば、妊娠中にも働きたい人に自宅で働ける環境を作ったり、遠方の実家で妊活をしたい人や、子供が大きくなるまで自宅で働ける環境を作ったりするのです。

これによって女性が無理をせずに、子供との時間を確保しながら給料をもらうことができ、企業にとっては人材不足であったり、女性の考え方が必要な世の中で、キャリアウーマンとママという2つの顔を持つ女性を雇用できることが企業成長に役立つのです。

今の時代共働きじゃないと、将来のお金が足りない!

人生100年時代という言葉を聞いたことがありますか?ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授は、これまでは80歳くらいまでの人生設計を誰しもが考えてきましたが、今の20代より若い世代は、100歳以上生きる確率が格段と高まっていると言います。

それはストレスが軽減された社会であったり、医療が充実した社会であったりと社会的理由が様々あります。これは難しい話ではありません。要は、長寿化してしまった社会の中で誰もが「今までよりも長く働き続ける必要がある」のです。

スポンサーリンク