どうして嫌がるの?赤ちゃんの帽子嫌いの対処法

帽子を被った赤ちゃん

春先や夏にかけて暑くなってくる日や紫外線防止のため。秋・冬になれば寒さ対策に子どもに帽子をかぶって欲しいけれど帽子嫌いの子どももいますよね。

そんな子どものために帽子嫌いを克服させて帽子をかぶって貰える方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

子どもが帽子を嫌がる理由

子どもが帽子をかぶるのにはいくつか理由があります。まず、帽子に慣れていないことです。帽子に慣れていないとどうしてもかぶったときに頭に違和感を感じてしまい嫌がってしまうのです。

また、帽子をかぶることによって視界がさえぎられてしまうことも子どもにとっては嫌に感じてしまうものです。そして、最初はかぶってくれたのに遊んでいる途中で脱いでしまう子もいますよね。

それは汗をかいて帽子がベチョベチョになってしまうのでかぶっていることに抵抗を感じ、帽子が嫌なものになってしまいます。帽子のサイズが合っていないことも原因の場合がありますので、その場合は子どもにあったものを選びなおしてあげてください。

とにかく褒める編

帽子をかぶらせたらすぐにとってしまいポイッと投げ捨ててしまいママやパパを困らせてしまうことがあります。そんな時は、帽子をかぶせたらとにかく褒めてあげてみてください。

大げさなくらい褒めちぎってあげましょう。「帽子をかぶれてえらいね~」「その帽子はかっこいい(かわいい)よ」「よく似合っているよ~」なんて大好きなママやパパから言われたら子どもも喜んできてくれます。

最初はまだまだ抵抗があってすぐに投げ捨ててしまうこともありますが徐々にその気になってくれてその帽子がお気に入りの一つになってくれるはずです。

まねっこ編

子どもはママやパパのまねっこが大好き。だからそんなまねっこを取り入れて帽子を一緒にかぶってみましょう。ママがまず帽子をかぶって「いいでしょ~」と、子どもがまねっこしたくなるように誘導してみてください。

スポンサーリンク